2018年5月16日水曜日

Q、静かにたたずんでいるだけでも存在感を出したい…

Q、静かにたたずんでいるだけでも存在感を出したい… A、キャラは記号+立体で存在感が表現できます。 「記号」=キャラらしい形と「立体」=空間表現によりそこにいる感じを出すことができます。例えば髪の毛は自然と下方に向かい、時として肩の立体に乗るなど…
https://youtu.be/P3jRXj-KlwM?t=1h26m46s

絵はすべて描いた人の意図の通りです。 つまり「生き生きとした存在感」すらも描き手が手練手管で足していって盛り付けるものです。 顔の凹凸、肉の柔らかさ、骨の硬さ、服の質感…などの要素を足して行くことにより存在感が生まれます。さらに立体空間を描くことで「そこにいる!!」感が増します。

0 件のコメント:

コメントを投稿

運も実力のうち。

運も実力のうち。 実力のある人はとにかく行動、思考、試行の繰り返しで経験値を得てある程度、的を射ることができるようになっていく。 それを無知、何もしてない人は単に才能、センス、運など曖昧な言葉でお茶を濁し自分の無力と一切向き合わない。 色々やり尽くしてみて、出来ないなら良い意...