2018年5月16日水曜日

Q、静かにたたずんでいるだけでも存在感を出したい…

Q、静かにたたずんでいるだけでも存在感を出したい… A、キャラは記号+立体で存在感が表現できます。 「記号」=キャラらしい形と「立体」=空間表現によりそこにいる感じを出すことができます。例えば髪の毛は自然と下方に向かい、時として肩の立体に乗るなど…
https://youtu.be/P3jRXj-KlwM?t=1h26m46s

絵はすべて描いた人の意図の通りです。 つまり「生き生きとした存在感」すらも描き手が手練手管で足していって盛り付けるものです。 顔の凹凸、肉の柔らかさ、骨の硬さ、服の質感…などの要素を足して行くことにより存在感が生まれます。さらに立体空間を描くことで「そこにいる!!」感が増します。

0 件のコメント:

コメントを投稿

◯毎回一つのテーマを習得できることを目標に!!

◯毎回一つのテーマを習得できることを目標に!! ※塾ノウハウ共有 例えば初心者コースの今回の課題なら「制服」ですね。 そこに難しい動作やアングルを選ぶとテーマが分散します。 今回のテーマは制服です。 制服のポイントはどこか、どう見えるか? とりあえず画像検索をする、過...