2018年5月16日水曜日

立ちポーズが棒人間にならないために…

◯立ちポーズが棒人間にならないために… ・手足の長さが最大の場合、奥行き感がなく平面的で躍動感がない ・手足、胴体の圧縮により立体感、躍動感がでる ・骨のつき方が手足で上一本下二本なので見かけ軸がズレたように見える。 それらの要素を無視すると木偶人形のような素体になってしまう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

プロとして生き残るために

絵を描くにも表現活動するにも「お金」は一定の行動や時間の「自由」を得るために不可欠。 「現場にお金を流してなるものか!!」という強い意志すらアニメ業界はじめ、最近の教師勤務時間のニュースに感じる。 予算どうこうではなく、行動の自由を奪うというところにブラック化の狙いがある。 ...