2018年5月16日水曜日

何時間だって描けばいい

早く描けるようになる方法は?という質問よくあります。 そもそもなんで早く描く必要があるのでしょうか? 絵仕事上、必要な以外は趣味ならスピードなんて関係ないはず。 まずはこだわるだけこだわって捏ねくり回して見てはどうでしょうか? 線も目も定まらないわけだし、何時間だって描けばいい

「正確に模写するステップ」は上手くなったからといってどこも省きません。 頭身のアタリも補助線も目の残像で起こします。 つまり全ての手順を高速にあるい同時に行なっているだけで描き方、手順そのものは同じです。 それを経験を浅いうちは時間をかけて手順を分解して着実にやるわけです。

上手い人には何かコツや秘密があるハズ…という考えが大きな間違いです。 「最も間違いの少ない着実な方法」で一歩ずつ積み上げていっているにすぎません。

がばかりに遠回りしつつ確実にゴールに近づいて行きます。 いきなり近道を選ぶ人は迷路と同じでいつまでもゴールしません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

「普通」「常識」のワナ

こんだけ長ツイートしててあんまり「普通」「常識」を肯定的につかった試しはないかも。 自然と言葉にしてる人、頭に浮かべてしまう人は思考停止なので注意。 普通と常識を疑うことにこそ革新のタネがある。 「統計的に言って」も子賢いバカの常套句。 統計結果があり結論を導き出すのではなく...