2018年5月16日水曜日

勝ち馬に乗りに行っても本当の成功はない

勝ち馬に乗りに行っても本当の成功はない!! しかし有名スタジオに行った場合そこまで悲観する必要はありません。 「盗めるだけ技術を盗む!!」わけです。 勘違いしてはいけないのはメインスタッフがすごいのであってそこに入っただけの自分は全然すごくない!!ということ。

そこを勘違いする愚か者は本当に多い。 誰がすごいか見失うものにそのあとの成功はない。 そして自分は手伝いが得意かメインが得意かを判断する。 手伝いだって立派な仕事だ。 職人気質の人はむしろ事大主義の方が良い作品にあたる率がたかい。

メインでやりたい人は独立するしかない。 自分の名前のスタジオだ。 それ以外で自分を最大限に活躍させる場はない。 他人の栄光の上に自分の成功をのせようなどと甘い考えを持ってはいけない。 そういう人もやっぱり上手く行った試しがない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

プロとして生き残るために

絵を描くにも表現活動するにも「お金」は一定の行動や時間の「自由」を得るために不可欠。 「現場にお金を流してなるものか!!」という強い意志すらアニメ業界はじめ、最近の教師勤務時間のニュースに感じる。 予算どうこうではなく、行動の自由を奪うというところにブラック化の狙いがある。 ...