2018年5月16日水曜日

絵描きは学歴不問?

絵描きは学歴不問? 「アニメーター志望です」「美大も専門も出ていないですがなれますか?」 という質問がたまにあるが今だにそんなこと気にするのかとびっくりする。 画力や実力の本質勝負で一発逆転を狙って絵描きになるんじゃないの? 学歴、就活、終身雇用とかと真逆の世界です。

3カ所でアニメーター採用に関わったが私見ですが僕は90%「提出書類」で決めます。実技試験は書類なりの結果になり面接はよほどヤバイ人のフィルタリング。 つまり書類以降は確認作業になるわけです。 しかしこの子!!と一発イチオシの子は他社も受かってるので大概来なかったりする。

なので「学歴」なんかほとんど見ない。
絵しか見ない。 むしろ学歴を論じている時点でアニメーターという仕事の理解をしていなさそうなのでその時点であやしいと思う。

親の手前大学に行かなければいけません悩み‥ それも贅沢な変な話ですがだったらなるべくアニメと関係ない学問勉強した方がいいです。 アニメの世界に入ればみんな詳しいの当たり前なので他に知ってることあった方が有利。 僕なら数学と教職。 理屈っぽく教えるのはまんまこの影響。

アニメと全然関係ないことを知っていてそこからアニメを本職にすればそれで独自のブレンド絵描きになれる。 遠い点同士が繋がり独自のフィールドになる。

高学歴より大事なのは「今も勉強し続ける」こと。 下らない一問一答に世の中は出来てないので自分で勉強するときは今一番面白いことを勉強しよう。 アニメ私塾の動画だって見ようによってはそこら辺の大学の講義よりある意味深い‥です。 僕も今だに興味ある人の話を作業中ずっと聞いてます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

「普通」「常識」のワナ

こんだけ長ツイートしててあんまり「普通」「常識」を肯定的につかった試しはないかも。 自然と言葉にしてる人、頭に浮かべてしまう人は思考停止なので注意。 普通と常識を疑うことにこそ革新のタネがある。 「統計的に言って」も子賢いバカの常套句。 統計結果があり結論を導き出すのではなく...