2018年11月19日月曜日

ICAF金沢講演記181117

ICAF金沢講演記181117
学生アニメのレベルが自分の時代と段違いでビビりました。
日本のアニメ表現の未来は明るい‼︎
しかし、現状のアニメ業界の方に受け止めるだけのシステムや作風の多様性がない。
個人で作れるレベルの人は集団作業の必要がないし、自分で発表出来てしまう!!

学生アニメのテイストで面白いと思ったのが実写とアニメの融合。
それがなぜかウルトラマンやメリーポピンズを思わせるどこか懐かしいテイスト。
超デジタル世代は逆に原点回帰してるような気がした。
完璧なプロレベルで就職先も決まってる人もいて。
あとは今後、仕事で能力を潰されないように。

高校の頃からアニメ私塾を見てくれてる人もいて。
その子がまた1カット目からレイアウト上手くて。
才能に寄らず技術の習得的なツイートで励まされました。と言ってくれてましたがその子は十分才能あると言うw
いずれにせよ数年前に種まきから実がなった気がした。
きっかけになれて光栄。

プロになると一旦下手になってる錯覚に陥ってしまうから注意!!
学生時代は一番得意で一番好きなテイストでやれてるから今の完成度。
プロは場所に関わらず大なり小なり他人に合わせる対応力が求められる。
だから、学生時代の作品が輝いて見えてしまい?
自分100%じゃない作品に違和感をおぼえる。

課題があるとすれば横スクロール系が多かったこと。
縦の構図、奥行き感を意識できると主観客観の差が生まれ視聴者を映像世界に入りやすい。

また日頃のアニメ漫画映画コンテンツはネタ収集と思い、積極的にインスパイアを入れよう!!


2018年11月5日月曜日

【一般ユーザー向けお知らせ】181105

【一般ユーザー向けお知らせ】181105
◉18年12月アニメ私塾ネット村新規、更新参加予約フォーム(12/24夜10時〆切)
https://goo.gl/forms/82DZZBC41y8g1hxV2

DVDビデオ付き! アニメ私塾流 最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術 
室井 康雄(アニメ私塾) 
固定リンク: http://amzn.asia/dcMjCvw

【アニメ私塾チャンネル】1ヶ月756円で生放送、限定動画見放題!!

◉18年12月アニメ私塾ネット村新規、更新参加予約フォーム(12/24夜10時〆切)

◉18年12月アニメ私塾ネット村新規、更新参加予約フォーム(12/24夜10時〆切)
https://goo.gl/forms/82DZZBC41y8g1hxV2
◯概要
・参加費年¥10,000円(銀行振込)または¥10,500円(PayPal決済)
・Facebookの非公開SNS(※秘密のグループ)
・19年度プロ養成コース優先選考参加権及び初心者コース早期募集
・限定動画、限定イベントなど
※現役塾生、OBOG+ネット村はフォーム記入のみで参加費お支払い不要。
※16年12月及び17年12月にご参加いただいた方もこちらのフォームより更新手続きをお願いします。
※19年度プロ養成コース優先選考参加権最終募集になります。

◯ネット村の内容説明
・YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=IVU1xv3swmg
・ブログ
http://animesijyuku.blogspot.com/2018/04/blog-post.html?spref=tw
※過去説明ではGoogle+の使用とありますが本募集よりFacebookの非公開SNSの使用となります。
◯募集フォーム記入前にご確認頂きたいこと・・・
1、漢字実名フルネームのFacebookアカウント必須
2、未成年者の方は親権者の同意を得ている
3、日本外在住者の方は以下の点を満たしていること
・SNS参加に必要な日本語力。
・参加費1万円を日本の銀行へ振り込みができる。
◯漢字実名フルネームのFacebookアカウントについて。
アニメ私塾ネット村はFacebookの非公開SNS(※秘密のグループ)にて運営しております。
漢字実名フルネームのFacebookアカウントをお持ちであることが参加の必須条件です。
まだお持ちでない方は作成お願いします。
またすでに漢字実名のFacebookアカウントをお持ちの方はそちらでご参加いただけます。
※登録名「室井康雄」の場合→アカウント名「室井康雄」または「室井 康雄」は可。
「室井康雄」→「ムロイヤスオ」、「YASUO MUROI」などは参加不可。
※外国籍の方はアルファベット、カタカナなど可
※室井康雄への友達申請は面識のある方に限定しているために申請拒否する場合がございます。
※13歳以下の方は親権者及び保護者の方のアカウントをご使用ください。
◯Facebookアカウント身元バレ防止作成流れ(塾内体験談)
https://docs.google.com/document/d/1ouswgu4lqTZYUGV84HtpS-aAdfg1CBWGaLaMc7tB66I/edit?usp=sharing
◯参加の流れ
・本フォーム記入
→12月25日に「予約確認、参加費お支払いの案内」メール
→12月25日〜28日午後3時参加費入金
→12月29日入金確認メール、貴Facebookアカウント招待
→手続き後参加完了
※12月25日中に「予約確認、参加費お支払いの案内」メールが届かない方は以下の可能性があります…
・登録アドレスの間違い
・スマホなどのアドレスで受診拒否設定
・迷惑メールへの割り振り
以上ご確認の上、karasawa1499@gmail.comまでお名前を明記してご連絡ください。
◯参加時期
18年12月29日〜19年12月末日
◯参加更新
19年12月に更新のご連絡をいたします。
◯塾生のネット村参加権付与について
・現役塾生はネット村参加権が無料で付与されます。※OBOGは塾村参加年間15000円
ご不明な点は以下メールアドレスまでお問い合わせください。
✉️karasawa1499@gmail.com
アニメ私塾代表
室井康雄

◯Facebookお引越し計画(塾村SNSやりとり)

◯Facebookお引越し計画(塾村SNSやりとり)
みなさん、たくさんのご意見、アイデアありがとうございます。

いくつかの観点からやはりFacebookがベターな選択と判断し、塾、村ともGoogle+からの退去、お引越しします。
Facebookの理由)
・漢字実名アカウント、学びの場、真面目な雰囲気などとFacebookイメージが一番近い。
・Facebookだと有名で新規参加者への理解、認知されやすい。
・mixiは試しましたが機能がたりない、ローテク
・LINEのbandを塾設立当初使っていたがバグが多すぎと運営には機能不十分
・ツイッター、インスタ、タンブラー等もあるがブランドイメージと機能面でFacebookに軍配
・その他、法人向けSNS制作のも試したがこれもmixiのさらに安価版という感じ
・業者に頼んで作るのはまず確実な業者がわからない、満足のいくモノになる保証がない。

Facebook版塾、村グループ既に試験スタートの感想
・Facebookグループだと画像の大量上げもスムーズ(試し済み)やトピックワケ、アナウンス機能など塾、村運営に十分な機能を持っている。また参加者管理もgoogleよりも楽になる。参加者参加月分けできるなど。
・「Facebookだと知り合いに見つかる…」問題は外部検索に引っかからない設定があるし、自己紹介非公開設定もある。Facebook内部の検索には実名だと引っかかるが、内容は友人以上じゃないと見れないように設定できる。また専用グループへの投稿は当然外部からは見れない。
アドレス検索を気にされる方はお手数ですが塾、村さん専用アドレスを作り、そちらから参加されるとよりみつかるリスクは減ります。


Facebookグループへの塾、村お引越し日程※今後変更あり
・10月ネット村参加者ははじめG+、のちFBへ移行
・12月以降ネット村参加者ははじめからFB
・12月スタート岸本シナリオコースは初めからFB
・来年1月スタートのプロ養成コース選考はFB
・Google+コミュ塾、村は来年3月末に閉鎖予定
・今年12月頭から塾、村内でお引越しフォームから随時移動開始
・19年度アニメ私塾受講から完全にFB上で行う。
・11月から何名か塾生に試用してもらってトピックなどの使い方を最適化していく


◯Facebookアカウント身バレ防止作成流れ
以下は元塾生の田中くんによるFBグループの使用感です。

以下既に
ここ最近、FBグループを使って運営されてる有料オンラインサロンに参加しているのでその雑感を。
①FBとググタスの仕組みで大きく違うのは、
1、
ググタスは投稿をフィルタで分別できるのでタイムラインが見やすい。
FBはフィルタで投稿を分けられないが、
「情報」「ディスカッション」「アナウンス」「写真」「動画」などと別れている。
※室井からの注釈、今年6月からトピック分別できるようになった。これがG+の項目機能に該当する。

2、
FBの投稿はその投稿にコメント等つくと、
タイムラインの上部に上がってくる。
なのかなぁと思います。
②僕が参加してるグループ内での投稿は2種類に分かれていて、
1、「自己紹介」「雑談」等頻出する投稿
運営側が大元の投稿をスレッドと称して投稿し、そのコメント欄に各メンバーはコメントを投稿していくチャットスタイル。
初めて参加した人にも場所がわかりやすいように、
アナウンス等にリンクが貼ってある。
デメリットとして、あくまでもコメント欄でのやり取りなので一瞥で最新の情報を把握しにくい。
2、運営側のお知らせ
こちらは通常の投稿。
投稿の属性が大体決まっていれば①と同じコメントでの運用できるはずだが、
一瞥でのわかりやすさ重視でか毎回普通に投稿してる。
ハッシュタグつければ分別&検索かけやすい。
③更に、
「イベントチーム」「デザインチーム」「オンライン読書会」などなどと
活動ごとに分科会と称したFBグループがある。
つまり、本体のFBグループがあり
その下に本体経由でのみ参加できる
活動別のFBグループがあるという階層構造になっているのです。
とりあえずこんな具合でしょうか…。

2018年10月25日木曜日

◯義務教育は「契約書を読める、作れる」をゴールにすべし!!提言

◯義務教育は「契約書を読める、作れる」をゴールにすべし!!提言

義務教育、大学は時代や環境、各個人によって全く違う意味を持ちます。

まず義務教育のスタート当時、イギリスでは「一箇所に働き手の子供を集めて困る」と一台論争を繰り広げました。

それが定着しだすと、貧乏な家は学校に行けない、お金持ちの家しか教育を受けられないという価値観が根付き、貧困から脱出する唯一の方法としての学校がありました。

これはいまだに発展途上の国々でそうですね。

日本で言えば、江戸末期には識字率が相当に高かったことから貧困問題よりも富国強兵、国民皆兵のために共通の日本語教育、定時に進軍するための基礎学力が必要となった。

その名残を受けて戦後は企業戦士として経済戦争の一翼を担う成員として義務教育が有効に働いて来た。




身近な話で言えばうちの子にとって保育所がなぜイヤイヤかと言えば家にはおもちゃが沢山あり、好きなネット見たり、両親、祖父母ともにいたりと保育所よりも家が楽しいから。

これが家庭環境が悪ければ相対的に保育所の方が好きとなる。

学校もそういうところがあり、貧困でロクな食事が出なければ給食は貴重な栄養源になり、本が一切ない家ならば本がたくさんあり、親が全くものを知らず、博打に酒にと荒れに荒れていれば学校の先生は素晴らしい人徳者に見える。


このように人と状況と時代によって「学校」とは全く違う意味を持ちます。


義務教育に絶対に足りない、これだけは必要というのは「契約書の見方」と「確定申告の方法」など。

義務教育は社会の成員として著しい損をしないために基礎学力を持つというコンセプトだと思ってますが…

中学社会3年生で何をやらなくてもやらなければいけないのは「甲が…乙が…」の契約書の見方、読み方。

これが法治国家の国民として圧倒的に必要なこと。

それをやらずして義務教育完了っておかしい。

肝心、要なところは結局のところ大人になって自分で勉強しろってことか?

というゴール設定とそれに向けての各教科の連携がないんですよ。

それが圧倒的に欠如している。

僕が義務教育のトップなら中卒で社会に出ても最低限契約書を読んで納税できる、国民保険に入るとかそういう国民として損しない事務上の手続きができることをゴールにしてそのために漢字を学び、世の中の仕組みを学び、理論的思考のための数学とか。

それこそが知のセイフティネットとしての義務教育のはずなのに…今はただの社畜製造プラントとなってしまっているという側面を否定できない。

むしろ自分に不利な契約書がわかられたら困るという企業、国家に得する方に向かってる。

ノープランでただ権威に従属するための教育に見えてならない。

これがこれに役に立つから必要っていうゴール設定がない学校に行かせる意味がそこまであるのかというところですね。

そういうところは現場の先生レベルの問題でもなく、文科省ですね。

むしろ現場の先生は明確な目的がないままに、次の上の学校のためにとか大学のために、就職のために…とよくわからないもののために子供を集めて教えなきゃならないので不毛に感じてると思います。

2018年10月18日木曜日

◯毎回一つのテーマを習得できることを目標に!!

◯毎回一つのテーマを習得できることを目標に!!
※塾ノウハウ共有
例えば初心者コースの今回の課題なら「制服」ですね。
そこに難しい動作やアングルを選ぶとテーマが分散します。
今回のテーマは制服です。
制服のポイントはどこか、どう見えるか?
とりあえず画像検索をする、過去添削のポイントをまとめるなどして「制服」に対する理解を昨日より今日、深めて次、将来に渡って技術と知識が蓄積されるように意識しましょう。
これは参考の使い方はシンプル、混ぜるな危険と同じ。
テーマも混ぜちゃダメです。
いきなり難しいジャグリングをしてはダメ。
確実にできる技を一つずつ増やしてい来ましょう!!

◯よくある悪い取り組み方例:
「今回は制服か…」
「お、いいポーズ見つけた」
「それじゃこのポーズを別アングルで別キャラで描こう」
「あれ?このポーズ、ムズ!!どうしたらいいんだ…」
「あ、今回のテーマ制服だった。こいつに着せなきゃ…」
っと最後に苦しまぐれに帳尻を合わせる。

今月の課題をよく見ると「好きな服」とあるわけだから「好きな制服」じゃないとまずい。 自分の「好きな制服ってなんだ?」という自問自答から服全般への関心、感度を高めるように初心者コースの課題全般は構成されてます。 好きな服=選択自由、なんでも適当に選べばいいではありません。 自分がちゃんと好きじゃないといけません。 それを絵にするためにはどうしたらいいんだ? というのが今回の課題の本質です。

2018年9月9日日曜日

プロとして生き残るために

絵を描くにも表現活動するにも「お金」は一定の行動や時間の「自由」を得るために不可欠。 「現場にお金を流してなるものか!!」という強い意志すらアニメ業界はじめ、最近の教師勤務時間のニュースに感じる。 予算どうこうではなく、行動の自由を奪うというところにブラック化の狙いがある。

某作画下請け会社の社長に新人募集の相談を受けた時に… 「うちは無名だし、予算もないけど、どうやって人集めをしたらいいか?」 僕「勝算がないなら募集しないでください」 やんわりとアニメ私塾から斡旋してほしいような流れではあったが丁重にお断りした。 何目的で募集しようというのだろうか?

そこの新人採用を2回ほど手伝わされたけど無給だった。 人の時間を何だと思ってるんだろうか? とにかく感覚が「業界」に染まりすぎて一般の常識は一切通用しないようだ。

下請け全般が悪徳ではありません。 下請けでも正社員雇用の会社もあります。 とにかくスタジオの気持ちひとつです。 スタジオを選ぶときはちゃんと雇用状況を確かめるのとヤバイ匂いを感じたら速攻でやめることです。

室井康雄は10年足らずのアニメ業界歴で20社近くの仕事をしました。 アニメーターにとって作品が変われば仕事が変わります。 より上手くなる、より儲かる仕事とまさに腕一本で何社も渡り歩く。 だから最初の一社で上手く行かなかったからと言ってダメ人間ではない。 巡り合わせの問題かもしれない。

あとこれからアニメ業界の入る人は必ず、Twitter、同人などの個人活動はセットにした方が生存確率が上がる。 まず仲間ができる、いろんな仕事の選択肢が生まれる、マネタイズしやすい。 一社対個人の関係では圧倒的にアニメーターは弱者。 業界の仕事は技術向上と売名を主に考える。半身でいること。

自分のことを誰も保証なんてしてれない。 「やめないでくれ」と言われたら時間=ギャラを請求しよう。 絵描きの有限な時間は全てギャラになる。 そのためにも常に他に選択肢を持っておくこと。 一社対個人だと相手の言い値で仕事を受けなければならなくなる。 絵で食っていくときの基本的な考え方。

アニメ業界のいいところは誰かが絵を修正してくれること。 イラスト、漫画家、他の絵描きの話を聞くとこれは希らしい。 だからアニメーターは上手くなりやすい。 これは圧倒的な強み。 しかしイラスト、漫画家ははじめからユーザーの反応を意識して絵を描く。 アニメは会社の上の反応。これが弱点。

twitter、YouTubeなどネットの「個人メディア」を絵描きは使わない手はない。 僕は喋りも好きなのでよく喋る。 絵描きとしての発信力を使わない手はない。

例えば… ・100人フォロワーのアニメーター ・1000人フォロワーのスタジオ ・10000人フォロワーのアニメーター 少なくともtwitter上ではこの数順の影響力になる。 アニメ業界外の評価基準があると大きい。 10000人フォロワーのアニメーターをぞんざいには扱えないだろう。

今ならカット単価いくらで何カットまでお受けしますとか… 自分で値段をつけてネット上で公開交渉。 完全に仕事内容とギャラをネットで開示してるアニメーターとかいると面白いけどね。いまだに電話で人集めとかアナログすぎだろ。

複数のアニメーターが集まってそういうサイトを作ったっていい。 制作会社を相手に会員契約にして。 手空きアニメーターに仕事を頼めるとか。そういうサービス。 アニメーター不足が騒がれているならそういう交渉の仕方もあると思う。

自分の価値は自分が決めるということです。 この感覚は圧倒的にほとんどのアニメーターに足りない。 自分は月いくら欲しい。何日休む。だから1日これだけ描くと。 ちなみに、アニメ一人受けできればアニメ業界外の仕事も受ける。 ネットがあるんだから天の雫の量を自分で決めればいい。

すごくベタベタな交渉術として20万を請求する時に「30万」という。 相手に値切らせて20にさせる。もし30そのままならそれでよし。 これは本当に超古典的な交渉術。 私なんか10万ももらえないです・・・。と弱気のひとは5万円くらいなってしまう。

あと「知り合いだから安くして」というのはズルい。 知り合いで品質が担保されているなら倍掛けくらいしてあげる。 これは自分が発注する側の心得でもある。 見知らぬ人に出せばリテイクも増えるし、質も不安定。 「知り合い=2倍」の法則。

「なぜ赤字スタジオが作品を作り続けられるか?」 答えは自転車操業です。 前回作品の赤字を次回作品の予算から穴埋めすることを言います。 ・1作品目成功→次作へ ・1作品目失敗→自転車操業へ… ・n作品目成功→次作へ ・n作品目失敗→自転車操業へ ※任意のnを代入。

無限に作品が成功し続けることは不可能でどこかで自転車操業になるか、スタジオ名を一新して別会社を作るか。 過去のネームバリューを使用して仕事だけ受けて自社で作らずに孫請け、ひ孫請けに出して、手数料のみとり膨大な借金の穴埋めに使います。 なのでどんなタイトルでも一律ギャラが同じに…

こういうのを知っていれば「〇〇」スタジオにいたというのが何の勲章にもならないことがわかる。スタジオにはいい時と悪い時がある。 「〇〇」作品の「〇〇」カットまで言ってはじめて価値がある本人の名刺になり得る。

ICAF金沢講演記181117

ICAF 金沢講演記 181117 学生アニメのレベルが自分の時代と段違いでビビりました。 日本のアニメ表現の未来は明るい ‼︎ しかし、現状のアニメ業界の方に受け止めるだけのシステムや作風の多様性がない。 個人で作れるレベルの人は集団作業の必要がないし、自分で...