2018年6月5日火曜日

「普通」「常識」のワナ

こんだけ長ツイートしててあんまり「普通」「常識」を肯定的につかった試しはないかも。 自然と言葉にしてる人、頭に浮かべてしまう人は思考停止なので注意。 普通と常識を疑うことにこそ革新のタネがある。

「統計的に言って」も子賢いバカの常套句。 統計結果があり結論を導き出すのではなく、結論に説得力をもたせたい。だから統計を取る。つまり後付けの理屈に悪用されることが多い。 母集団の取り方とグラフのトリミング方法、調査の期間などによりなんとでも言えるのでよく見もせずに信用しないこと。

面倒なことを言えば「絵が上手い」というある種の常識も前提条件を定義しないといけない。 お金が儲かる絵か人気があるか両方かいづれでも計れないかなど。 普通や常識を振りかざしてくる人は自分の価値観を前提条件なく押し付けてくるある意味かわいそうな愚かな人とも言える。

同じ場所で同じ考えの人とだけ話して考えてると大体みんなそうなります。

一日一体確実に描く!

○一日一体確実に描く! 一年間毎日描けば365体! ほとんどの角度形が描けるようになり、プロとしてのしきい値に達する。 まずは正面横の2アングルを確実にして斜めフカンアオリや座り、寝ソベリ、歩き走りなど拡張させてく‥アニメ私塾の課題まんまですがこれで人は確実に描けるようになっていく

アレもコレもとハードルを上げて欲張るうちに何にもならず、しかも早くうまくなろうとするものだからすぐに結果を求めて理想と現実のギャップで描くのをやめていく。 絵は瞬発よりももっと習慣的で生活の一部にしてくもの数ヶ月、数年単位で一段ずつ着実に積み上げることが結果最速の上達となる。

こう見るとまんま間違ったダイエット方法に見えませんか? 習慣作りが大事。 三年後のためにまさに今、一体のデッサンに拘る。 そういう気の長い感覚です。

日付と所要時間大事! 長丁場だからこそ、途中経過で成長に疑いを持った時に過去の下手な自分と最近を見比べて勇気を貰おう。

新しい描き方を知ってから身になるまでに3年くらいかかる。 先輩から教わったメソッドの真意がわかり、気がついたら出来るようになってた‥という状態まで毎日意識して早くて3年かかる。 まるで船の舵きりのように時間差がある。

今の世代は自分らの2.3倍の成長スピードかも。 言葉がない時代の暗中模索よりもずいぶんとノウハウが浸透してきたので。

やめる勇気

○盆栽のように自分を育てる 良い枝ぶりは残し悪そうな流れは容赦なく切ってく。 この前ある若者に言ったこと。 とにかく何のキャリアもないなら何をしても損はない。 色々やってみて微妙ならやめて良い点は継続すればいいと。 自他のことは本当にやってみないと何もわからない。

やめる勇気。 全てを初志貫徹しないといけないわけじゃない。 初志貫徹しないといけないこともいづれ見つかるかもしれない。 しかし若いうちそれを見つけられてないならとにかく動き、変化を大事にする。 その間に虎視眈々と着実に油断なく実力はためておくこと。

継続すべきことは自分がやって楽しく、周りの評判も良いこと。 つまり自他に都合のいいこと。 でないとそもそもにして継続できない。 思いつきを続けるかどうかの基準。

自分は楽しいけど評判が悪いまたは評判を気にしない場合。 これは趣味ならナンボでもオッケー。 逆に自分は楽しくないけど周りの評判が良いこと。これはただシンドイだけ。 プロを目指す場合はすなわち自他の評価が高い場合になる。

自己評価が下がった場合、他人の評価に救われ、他者評価が下がった場合に自己評価を信じる。 両方同時に常に評価が高いことなんてない。 相互に補い合えるのが自他の評価による継続の理由。

憧れと現実の差の苦しみとは‥

憧れと現実の差の苦しみとは‥ まるで完璧に模写しようとしたのに透過したら全然違う時のような愕然とした感覚に似ている。 つまり憧れ=目標と自己分析がまるで違ってる時のような認知の歪みに気付いた時にシンドくなる。 コレは慣れの問題で少しずつ差を埋めていくしかない。
自分が知ってるアニメ監督とは業界全体では稀な作家性が高い有名なあの人この人。 それに今からなるためには‥少なくとも同じ歳に何をしていたかは一つの指針になるので分析材料に調べたい。

あと意識としてはアニメ監督を目指すというよりも『世の中にこういう作品ないなあ』という穴が明確に見えていてそれを埋めるための手段としての肩書きじゃないと意味がない。 全ての肩書きはやりたいことをなすための手段に過ぎない。 これが逆転してる人はなった瞬間に惰性となってしまう。

◯駄作を見るとやる気がでる

◯駄作を見るとやる気がでる 非の打ち所のない名作を見ると萎えるが欠点、改善点がパッと浮かぶくらいの駄作を見ると俄然やる気がでます。 これでもプロでやってんだあくらいに勇気付けられます。 名作と駄作の比較は創作のタネかもしれません。 名作ばかり見てるとただの視聴者になってしまうので。

目標の設定方法

◯ぼんやりとした最終目標はブレない!! 例えば「絵を楽しく描きながら他人に影響力を及ぼしたい」という最終目標があればその経路は無限にある。 「アニメーションを一生続ける」だってそれはプロアマ問わずいろんな経路が考えられる。 大事なことは大きな頂きは変わらず手段が目的化しないこと!!

最終目標「絵を楽しく描きながら生きて行く」の場合 →⑴アニメ監督になろう →⑵アニメーターとして成功 →… →⑶絵がうまくなろう という経路を考えた場合、⑵で挫折したから最終目標達成できない…と思わずに他の経路を考えればいい。 最初の思いついた経路のまま人生が上手く行く人の方が少ない。

◯好きな作品、または会社にのみ入りたい…という人には絵の仕事をオススメしません。 なぜならその作品や組織が自分が入った時にあるとは限らないから。 そういうファン精神は初期衝動にはいいですが継続性はありません。 表現そのものが好き、追求したければいくらでも他ジャンルに応用が可能です。

好きな作品で会社でその素晴らしい技術を習得したいというのならスタンスとして良いですが、キャラ萌え程度のモチベではまずやらない方がいい。 ほとんどの仕事が好きなキャラが描けるわけでなく敵キャラかも背景だけかもしれないから。 だから表現全般萌えくらいじゃないと仕事にしない方がいい。

◯表現方法は手段か目的か? これは人によりけり。 手描きアニメーションという表現に絶対の価値があればそれを続けるべきだし、あくまで手段の人であれば3Dや絵のスキルと生かした他のジャンルの鞍替えも容易。 手段と目的がごっちゃな人はうまく行かない。 自分がそれを本当にやりたいかどうか…

そんなに得意じゃないし、表現そのものが好きでもないのに流れでそうなっちゃって苦しんでいる人をたくさん見た。 つまるところ仕事の内容と自分の適性分析を出来ていなかったわけだ。 入ってすぐ嫌になるのはまず出来ないからだろうが2、3年経ってもピント来ない人はとりあえず転職をオススメする。

◯創作意欲のモヤモヤを解消するための仕事… 既存の価値観ではアニメーター、漫画家、イラストレーターであってそれらが自分にジャストフィットなのではなく、夢の実現で一旦そうせざるおえない…というのがプロ志望の現状かもしれない。 ネット発信により複雑多岐に自己実現しやすくはなった…

◯見たことあるもの、聞いたことあるものにしかなろうと思わない。 つまり自分の知見に行動範囲は限定されるということ。 アニメ監督という職業が一般に知られなければ志望者はほとんどいないだろう。 逆に言えば今誰もやっていない見たことも聞いたこともない謎の〇〇業にこそ1番のチャンスがある。

まずはジャンルを始めた開祖がいて次に熟成させた天才が出現し、最後は惰性で再生産を繰り返す。 多くの人が目指す天才は実はジャンルそのものをある意味終わらせていたことになる。 「天才」をめざすならその縮小再生産ではなく、新たな山に金字塔を打ち立てるべきだ。

◯全部自分でやらなくていい!!

◯全部自分でやらなくていい!! 動画もマネージメントも上手い人がいればそれも頼めばいい。 自分もまた誰かに頼られるように「一番好きで一番得意なこと」を磨いておいて誰かに使われればいい。 全部自分でやる必要はない。 優秀な人材を選ぶ選球がむしろ一番大事!!

「普通」「常識」のワナ

こんだけ長ツイートしててあんまり「普通」「常識」を肯定的につかった試しはないかも。 自然と言葉にしてる人、頭に浮かべてしまう人は思考停止なので注意。 普通と常識を疑うことにこそ革新のタネがある。 「統計的に言って」も子賢いバカの常套句。 統計結果があり結論を導き出すのではなく...