2018年4月22日日曜日

Q、以前、大学生の方を一から育て上げたメソッドをご教授ください。

Q、以前、大学生の方を一からアニメーターに育て上げたメソッドの、練習の順序をご教授ください。(某村参加者)

A、電脳コイルの模写、トレス、ポーズ創作、空間レイアウト。
…その時の内容のより完成度の高い課題が現在のプロ養成コースになります。しかしその学生は1日8時間、毎日、半年描き続けてなんとか下請け動画スタジオに入りました。
その子の名前を検索したところ2014年まで作品名は出ますがその後はわかりません。

「アニメーターなりたい」だけでは正直ならない方がいい。
「アニメーターになって〇〇をしたい」という先の具体的なイメージがなければ絶対にならない方がいいです。
・上手いカットを描きたい
・好きな作品に参加したい
・アニメーションそのものを極めたい
・演出監督志望。
・とにかく絵で食べたい。…など
具体的な目標がありそれに対して期限つきで達成できるかどうかをを計画します。
望む成果が出ない場合はやはりその時点でやめます。
このように具体的なイメージや計画なしにアニメーターになることは極めて危険です。

そしてアニメーターになると何より好きな絵を描けなくなります。
毎日、全然描きたくない煙の月だってあります。
キャラのアップのカットばかりが来るわけではありません。

最高にクリエイティブは何より「アマチュア」なのです。
趣味が最高の創造性豊かな現場です。
アニメーターも実は他と同じ仕事の一種であり、責任を伴い、嫌な先輩も同僚もいます。

それを全部ひっくるめてもアニメーターに魅力を感じる、ならずにはいられないというのではあれば挑戦してください。

2018年4月20日金曜日

「わかる」ためのアプローチ

◯とりあえず横顔を探そう!!※初心者コース課題へのアドバイス…
正面や斜め顔だけから横顔を描くのは相当な難易度ウルトラCクラスの難しさがあります。
もしも横顔が苦手、描けないとしたらそれは当然です。
わからないものは描けません。
だからまず描く前に「わかる」ためのアプローチが必要。
じつはそれさえも熟練者は長けています。
つまり自分がわからない自覚が速攻であり、すぐに調べる。
みなさんでしたらまず身近に過去のアニメ私塾の添削が無数に調べられるのでまず見るだけ見る。
それで何度も出てくる注意点はおそらく死守すべきポイントだろうからそれくらいは守る。
「自分の描きたいキャラの横顔を見つけられませんでした」と言う人…
実は横顔なんて何パターンもありません。
美少女、美青年、名作路線、リアル…せいぜいそのどれかかその組み合わせ。
類似キャラでおそらく7、8割はトレースできます。
これも細部を見ずに全体の構造を見ればわかります。
…ということさえも実は成長するポイントなので類似キャラを探すというアプローチを一つおぼえてください。

2018年4月17日火曜日

疑い、迷い、形にする。思考は無意味。

疑い、迷い、形にする 自分の絵は形が合ってるか? 疑いながら見る。時に実物や資料を見ながら、手癖による歪みを気にして紙を裏返しながら。 線半本分のせめぎ合いで迷いつつなんとか最後は形にする。 そういう創作過程が絵から丸わかりだったりする。 知ったかぶり淡白だと上手くなりません。

絵は自問自答の具現化だったりする。 だから上手くなる=自己拡張に近い感覚。 まるで禅問答。 自分で考えるな‼︎ 見たまま、思い込みを入れずに自然な形を辿れ…などまさに修行のようなそんな要素がある。 傲慢もビビリも両方絵に出る。 絵は自分を照らす鏡だから本当に面白い。

自分で考えると描き方が拡張しない。 自分で考えることをさも良いことのようにみんな考えるがそうではない。 思い込みを強化するだけだ。 上手くなる描き方、考え方をひたすら探せ、探れ。 その中から吸収したいモノを選べ。 選んで残ったものが個性だ!

考えることが無意味な理由。 紙の上で何万時間悩んだところで一切上手くならない。 まず描いてみる。 描けないことを自覚する。 描く方法を探す。 上手い人の真似をする。 実物を観察する… インストールされてない人が頭から何を絞り出そうとしても何も出ない。

考えた挙句にゼロから構築しやすい木偶人形パターンを編み出してみる。 それも一つのアプローチだ。 しかしそのやり方で行ける限界が自ずと決まっている。 肩、腰の可動域が木偶では再現出来ない。 だから実物をあるがまま取り込んだ方がはやい。 自分の考え=木偶はゴールへのノイズでしかなくなる。

思考が上位存在であり尊いという発想が思い込みに過ぎない。 思考そのものにオリジナルなんかそもそもない。 子供のころから常に誰かの影響の組み合わせでしかない。 子供は難しく考えずに素直に真似してインストールしちゃうからおぼえがはやい。 学ぶ=マネぶ。

自分の思考を信じてオリジナルの絵柄を求めてなるべく漫画、アニメを見ないで描いてみる… そうするとあら不思議。 どこかで見たことあるような何かの出来損ないみたいになる。

漫画、アニメを一切見ずにそれらを描けるわけない。 子供の頃には何かしら見てる。 その影響は絶対に出る。 だったらむしろ積極的に大量の情報を浴びてその中から新しい組み合わせを考えた方がいい。

美少女アニメを作るのに美少女アニメだけを参考にすると当然ながら縮小再生産になる。 他にアート、ファション、映画、あるいは過去のテイストなどを取り入れたら新鮮になる。

勉強よりも楽しいを優先‼︎

◯勉強よりも楽しいを優先‼︎ アニメ私塾なのでどうしても上手くなること、勉強になることを塾生は目指してしまうのは当然かもしれない。 しかし絵は遊び心や楽しいがベースにないと魅力的な絵にならない。 学校の高得点を受ける発想からいかに自分が絵を楽しん描くかの満足レベルを意識しよう。

塾内でいい評価を受けることが最終目標じゃなくては将来描きたいイメージのための準備の筈。 課題内容の縛りは受講内容上仕方ないとしてその中で最大限自分を喜ばせる一発を考えよう。 多分はそれは結果として他人も楽しませる。

◯隣の高校生の参考書の山 基礎教養はないより絶対あった方が良いのはわかるが… 自分がこれから同じことして今の自分まで登るのはシンドイと思ってしまう。
うちの子はYouTubeで排便の仕組みに夢中で見てる。結構難しい器官名までペラペラ言ってる。 もうちょっとないもんですかね教育…

概論でいいなら ・100分で名著 ・映像の20世紀 ・アニメ漫画映画 …など基礎教養になることは娯楽の範囲で結構ある。 銀英伝はいまだに生きる指針になってるし。 学校の教科書よりそっちが人生の教科書になってるなあ。

好きな絵を描いていいんですか?

◯好きな絵を描いていいんですか? クロッキー、デッサン難しい美術史勉強しないと絵描きになっちゃいけないと思ってた塾生さんがいて。 いや、僕もそういう美大予備校みたいのやったことないけど絵で食ってますみたいな話にこの前のオフ会になった。

アニメ私塾のシルエット切り取り方はアレは似たようなこと美大予備校でもやるらしいです。 すごく絵が上手かったら何描いても楽しいだろうけど、そこまでじゃない人はとりあえず描いてて楽しいのと描く習慣を作ることが一番。無理に上手くなろうとはじめから欲張らない。

僕も田舎にいて子供の頃は「文部大臣賞」でも取らないと絵描きにになっちゃいけないのかなあ?くらいにかなり的外れに思ってたが。 身の回りのアニメーターはそんなの子供時代とってなければ美大出身すらマイナー。 学歴、経歴一切不問。 アニメっぽい絵が色んな角度で生き生き描ければ誰でもなれる。

「虎の威を借りれる」既存の業界

既存の業界の良い点当然ながら… 「虎の威を借りれる」 個人ではあってくれないけど会社名であってくれる。 有名作品やってたらしいという注目してくれる。 だからその立場を存分に利用してやりたいことやればいい。 しかし自分が虎と勘違いしないように注意。

以前ある有名会社の簡単な仕事を受けた時に自分が社長の代理人ですという自覚がない人が担当だった。 社長にこんな不明瞭なメールするのか?という内容が届いた。 自社の社長は社長様でなく手前どもになり、取引先は貴方になるワケで。 入り口は虎の威を借りておいて個人に切り替えるのはおかしい。

給料が大卒初任給でマシだから、世間体が良いからという理由くらいで虎の威を借りちゃうと痛い目にあう。 そこら辺の本質の自覚がない「目先のお金と心の奴隷」は絶対に楽しい時間を過ごせずに不平不満ばかり言うようになる。

個人から見ると社員の利点がめちゃくちゃあるワケで。 無論、全部自分の仕事と言えない部分もあるけど。 既存の業界か個人かはお互いの長所短所をよく自覚した上で使いワケた方がいい。 どちらも自覚がないと本当に不平不満で終わる。

まるで既存の業界のように保守的な個人はまるで利点を生かしてないワケで更新頻度が低いとか。 そう言うのがそもそも向いてないならドッシリと虎に囲ってもらえばいいし。 自分の向いてないこと、自覚ないことやってしまうと大概上手く行かなくなってしまう。

特にやりたいことがないのに独立のスタイルばかりに憧れてる人はやっぱりだめで。 こういうこと言えば既存業界ダメ独立だあ‼︎になってその後が続かない人も多い。 いつも最適解はどっちかよりの間かもしれない。

アニメ私塾の無料ノウハウ

アニメ私塾の無料ノウハウは評価経済的な有意性が高いから。 有料会員のみ見れますよってサービスはそもそもにして本体の知名度が低ければ誰も見ないので今時でない。 むしろ、アニメ私塾本体との距離によりマネタイズを考えてるので一番わかりやすい情報はネットで十分勉強になります。

アニメ私塾生は距離が近い。 月3回添削、そのうち一回はネット又はオフで直接話しながら添削。 ネット村は参加者同士の交流。 明確な添削サービスはないが室井に来た質問はほとんど答えている。 ツイッターの質問は面白いかどうかだけでリアクションしてます。

名前が匿名で活動が不明瞭な方の質問はこちらも返答義務はありません。 相手に何かを求めるのに自分は何を差し出すのか?逆の立場から考えてみましょう。 相手が塾生でもネット村でもないけど絡むとしたら面白い活動という何かを差し出してるからです。

Q、以前、大学生の方を一から育て上げたメソッドをご教授ください。

Q、以前、大学生の方を一からアニメーターに育て上げたメソッドの、練習の順序をご教授ください。(某村参加者) A、電脳コイルの模写、トレス、ポーズ創作、空間レイアウト。 …その時の内容のより完成度の高い課題が現在のプロ養成コースになります。しかしその学生は1日8時間、毎日、半...