投稿

2017の投稿を表示しています

◯模写の添削について講評の仕方

◯模写の添削について講評の仕方
1、課題の出し方が間違っている
2、頭身比率が合っていない
3、体のソリ、S字カーブが甘い、弱い
4、手足のソリ、軸変化
5、線の組み方単調にならないようにする。非対称なフォルムを目指す
6、目線、表情・・・

大体この順番でコメントを添削で描いてます。
6だけ指摘されている人はむしろ以上5点は大丈夫と思ってください。
「私の添削はラフだなあ・・・」という人は土台から不正確なので2あたりから意識しましょう。
逆に少ししか直されていない人はほとんどこちらから直すところがないと思ってください。

5、6あたりになるとどっちが上下ない感じ。
しかし不思議とデキの良さと提出方法などの正確さはほとんど一致するから不思議。
最近はないけど「室井康夫」とか「会律」とか以前は結構いましたがそういう人はデキもあまり良くなかった。
余程の天才でない限りは「真面目さ」「勤勉さ」「注意深さ」がそのまま画力に直結していたりする。
なので本当に上手くなりたい人はそこらへんからしっかりやるといいかもしれない。


模写における格子書きや補助線は何のためか?
「絵を客観的に分析するため」です。
格子書きしても四角一個一個バラバラに見ても意味がありません。
自分の見え方と実物のズレを認識するためにこれらをやります。
つまり見ているパーツが全体の中でどこにあるか?それは自分の思い込みに比べてどの程度ズレているか?をわかるためにやります。
例えばキャラに一本縦線引くだけで頭に対して腰が足がどこらへんにあるかわかりますね。
練習方法も何となくやっても何となくにしかならない。
慣れてくると補助線を引かずともに線が見えてきます。

「アニメ私塾ネット村」17年7月期参加予約フォーム(7月14日正午〆切)

「アニメ私塾ネット村」17年7月期参加予約フォーム(7月14日正午〆切)
https://goo.gl/forms/80SRnS8t9WTtGC8K2
◯概要
 ・参加費年1万円
・Google+コミュニティの限定SNS
・18年度塾生優先選考参加権及び早期募集
 ・ニコ生非公開部分他限定動画
 ・限定イベントなど

◯ネット村の内容説明160906ver ↓
https://www.youtube.com/watch?v=IVU1xv3swmg

◯募集フォーム記入前にご確認頂きたいこと・・・
1、漢字実名フルネームのGoogle+アカウント必須。Google+『室井康雄(アニメ私塾)』をフォローする。
2、未成年者の方は親権者の同意を得ている
3、日本外在住者の方は以下の点を満たしていること
・SNS参加に必要な日本語力。
・参加費1万円を日本の銀行へ振り込みができる。

◯漢字実名フルネームのGoogle+アカウントについて。
漢字実名フルネームのGoogle+アカウントをお持ちであることが参加の必須条件です。
まだお持ちでない方は以下リンク先より作成お願いします。
https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja
参加前にご用意し、Google+『室井康雄(アニメ私塾)』をフォローしてください。
またすでに漢字実名のG+アカウントをお持ちの方はそちらでご参加いただけます。
※登録名「室井康雄」の場合→アカウント名「室井康雄」または「室井 康雄」は可。
「室井康雄」→「ムロイヤスオ」、「YASUO MUROI」などは参加不可。
※外国籍の方はアルファベット、カタカナなど可

◯参加の流れ
・本フォーム記入
→7月14日正午〆切後同日中に「予約確認、参加費お振込案内」メール
→7月17日〜7月21日参加費入金
→7月24日限定SNSへ招待、入金確認メール
→手続き後参加完了
※7月14日中に「予約確認、参加費お振込案内」メールが届かない方はアドレスの間違いがある恐れがあります。
下記アドレスまで名前を明記して登録したいメールアドレスでご連絡ください。

◯参加時期
17年7月24日〜18年7月末日

◯参加更新
18年7月に更新のご連絡をいたします。

ご不明な点は以下メールアドレスまでお問い合わせください。
✉️karasawa1499@gm…

◉アニメ私塾おすすめ動画まとめ170411再編

◉アニメ私塾おすすめ動画まとめ170411再編
各動画をノートをとりながら進めると効率的に受講できます。
うちではノート。外では聞くだけでもいいです。
是非ご覧いただきたくさん描いてください。
◯YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCRYuHKwhgfCighvhR3n151w

◯アプリでアニメーション
・161225電車移動中animation DESKテスト 

https://youtu.be/vW2_L0yHzVU

・アプリで簡単アニメ作成しよう
https://youtu.be/Q_NBElYaBdQ

・一周走り
https://youtu.be/GXRxUc9FOvs

◯アニメ私塾のことを知りたい
・年度新規塾生説明会①
https://youtu.be/Uf1L-7nEQek
・17年度新規塾生説明会②  https://youtu.be/FmqyWrUWLF0
・2年目以降の塾生参加内容  https://youtu.be/ze4KCHj8NDE
・アニメ私塾説明会① <概要と講師紹介> 130331https://youtu.be/tyErhByX1uA
※試用期間3ヶ月は15年度以降ございません。他多少の課題の変更等は最新の情報をお調べください。

・アニメ私塾説明会②<教育方針とカリキュラム> 130406
https://youtu.be/CjDw8xLbUgg

・アニメ私塾説明会③<実践アニメと作画オーディション> 130406
https://youtu.be/REel0b-URWA

・15年度説明会(一般公開)141025
https://youtu.be/wu43yaTycGw

・Google+のコミュニティ利用についての説明
https://youtu.be/IC3uIAlr01A

・アニメ私塾の課題レベル  https://youtu.be/j7mHyLnccgQ
◯アニメ私塾ネット村について ・ネット村の内容説明160906ver  https://youtu.be/IVU1xv3swmg
・ニコ生公開添削160626  https://youtu.be/nxI0_JCqU-w
・ネット村宣伝  https://youtu.be/0SaDaNeLBRI
・ネット村ニコ生添削希望160623  https://yo…

◉3年以内に作画監督、月収30万以上になる方法‼︎

◉3年以内に作画監督、月収30万以上になる方法‼︎
・1年目ーアニメ私塾一年目受講しつつ、二年目課題も勝手にこなし、両方のレベルが常に上位5番以内。
・2年目ー動画検査がしっかり教えてくれるスタジオで一年以内に300枚以上
・3年目ー原画昇格、月産レイアウト二原込みで50カット以上←この時点で月給25万程度。
・2年11ヶ月目で作画監督

このペースでようやく目標達成。
ちなみこれが出来た塾生いません。
なので過去最強の塾生でないとまず無理。

また2.3年目ペースで出世した知り合いは同世代であの監督さん、この天才など心当たりのある人で3人くらい。

作画監督のみなら実はいける可能性がある。
下手でもレイアウト描けなくても総作画監督修正なぞり要員として。
でも30万以上だとレイアウトから動きまでしっかり描ける必要がある。

これを目指してる人はとりあえず受講しなくても一年目添削例よりも上手く描けるレベルでなければ話になりません。
また三年目以内が無理な人はこの過程を5年10年と分散して長く見て計画的に育てる手もあります。
ちなみに僕は全く描けない状態からアマ4年、プロ3年で計7年で達成しました。
僕の倍以上の才能か時間が三年以内に必要かと思われます。

あと「一年目受講しつつ、二年目課題も勝手にこなす」人を見たことありません。
なぜやらないのか?
まず一年目課題に汲々としてるレベルでプロなんてお話にならない。
学生フリーターなどなら添削結果はあるんだし、一年目受講分で二年分やればお金は半分で済むし、そのあと二年目課題を受講したら2周目で勉強になるし、一年目でアニメーター採用されたとしてスタジオの研修はまんま二年目課題なんだからこれまた2周目になる。
そういうバイタリティーとハングリー精神がないのに「好きなことで食おう」なんて都合がよすぎるし、甘い。

ヘボの白い目は無視!!

気になるモノは見に行け‼︎  僕は上手いと思うアニメーターの描いてるところを少しでも長く見たいと思っていた。  どういう過程でどのくらいの気分でタッチで描いてるか気になるから。 それを見ては真似してみる。

全然上手くなりそうにない新人はすぐわかる。 周りに興味がない。  別にシャイでもいいからいない時に机覗いたり、人目を盗んで下書きのゴミ箱漁りくらいしなきゃ話にならない。

スタジオは集団心理が働く村みたいなモノ。  動画研修部屋など学校みたいでいきなり立ち上がり身振り手振りで演技なんかはじめたら白い目で見られるらしい。  本当にバカげている。  そんな白い目を気にしてはいけない。  自分で気になったら即行動に移す。  下らない奴の目線は無視‼︎

他人の目線よりも自分の興味を優先するべき。 白い目でみる他人とやらは何にもならない下らない人。  そんな連中なんか気にする必要はない。  ‥‥とフリーになって各スタジオを巡りましたがそう思ってました。  その時に白い目で見られるよりも下手な上がりを出す方が恥ずかしい。

絵描きとは絵に対して献身する人のこと。  周りの白い目を気にしながら生きる人のことではない。  絵が良くなることなら他人に迷惑かけない範囲でなんでもする‥‥べき。  くらいのことは考えてアニメーターやってました。  自分は半端モノなのでそういう気構えくらいしないと上手くならないと。

最初から上手い人、気がついたら上手い人はそんなこと何も気にする必要もない。  最初から上手くない人は手練手管を使ってマインドコントロールも知恵も出来うるすべてを利用して上手くなるしかない。  ‥‥しかし天然で上手っぽい人と話してみるとその人は自分以上によく絵を考えていたりする。
学校で押し売りされる・・・ 「協調性」=「同調圧力に屈する」=「良い子」・・・ と絵が上手くなる過程で必要になるエゴイズムの間で葛藤する「真面目な子」は結構多い。 気がつけば身の回りの上手い人は非従順的で学校的に悪い子が多い。  それはそうだ。  従順=矛盾を受け入れる=バカということ。 バカには絵は描けない。
バカには描けないし、バカじゃないと描けない。  従順=バカからすればこっちがバカで。  あとは言葉遊びの世界ですがそういうこと。
美大専門学校やスタジオの白い目は当然です。  なぜならそいつらの90%は10…

見ないで全部描こうなんて10年早い

1000体デッサンやってみました‼︎ ‥‥
だけど何も見ずには何も描けない‥‥。
それはそうです。
 見て描く行為には慣れましたが見ないで描く行為には慣れてないからです。
 1000体デッサンは言わばインストールみたいなモノでアプリやソフトはそこから使ってみないと慣れない。

見ないで描く行為に徐々に慣れはじめると今まで描いたことないアングルがどんどん描けてそれに驚きます。
1000体のインストールが徐々に活きはじめた瞬間です。
しかし「見ないで描く」にそもそもあまりこだわらないこと。
 わからなかったら即座にみる。
見ないで全部描こうなんて10年早い。

多分学校のテストのイメージで見たらカンニングでダメ。
見ないで描ける人が才能があり、視覚記憶力が高い人。

そんな愚かな印象で画を捉えている人は多い。
 むしろ才能ある人とは感度が高い人を言う。
感度が高い=色んな趣きを解して感動出来る。
だから視覚的に記憶出来てるに過ぎない。

形を正確に覚えて正確に転写して面白いか?
何の意味もないモノを何度描いたところで何も残らない。
肉体美を感じながら、その肉体をまるで触るかのようなイメージで1000体描いた人とただなんかやると上手くなるらしいくらいの気持ちで苦行のように1000体描いた人ではその結果歴然だろう。

描く対象そのものをイメージすること、また将来上手くなったあとの自分のイメージ。
両方をリアルにイメージしながら練習しないと其れこそ「練習のための練習」にしかならない。
これはアニメ私塾の課題も同じ。
人はイメージを具現化出来るが逆に言えばイメージしなければ何にもならない。

絵の一番の魅力は妄想を簡単に形に出来ること。
妄想するのもホラ吹きもタダだ。
僕は昔から周りからは出来もしないと笑われるようなこともベラベラと周りに喋り大体実現して言った。
イメージして口にすればそれは言霊となり、自分をある意味で縛り、行動に移さざるを終えなくなる。

無意識に形がとれるまでデッサン

デッサンは無意識に形が取れるまでやった方がいい。  例えば、レイアウトを考えた時にキャラのデッサンに気が行ったら配置に集中できない。 まるで曲芸師がボールに乗りながらお手玉するみたいなモノで。  上手くなるに従って無意識に出来ることが増える。

むしろ不慣れな時期は要素を分解して自分に出来るレベルに落として、咀嚼して練習すべし。  その時に重要なのがキャラの単純化。  キャラ全身を単純な丸四角など抽象化する。  単純化することでバランスや配置がしやすくなる。  カリスマや巨匠の下書きにはそんなのないですよ。  実はしている‥‥

脳内で一発目の大ラフの丸四角状態を終わらせて次にいきなりデッサンぽい完成絵がくるものだから、素人も焦って完成形の表層の形→線追いをしてしまう。  今している模写デッサンを将来何も見ずに自分で描けるようになるためには線追いではなく丸四角の単純化からディテールを詰める過程を踏みたい。

アニメーターには細かい画をまとめるスキルとざっくりとした丸四角で自由自在にキャラを躍動的に描くスキルとの両方がいる。 前者はフィニッシュ、後者は動きやラフやレイアウト時に必要。  どうも前者の、完成に近い絵のスキルばかりが目が行く人が多いようだが、アニメーションの本質はむしろ後者。

◉全ての仕事を始める基本3段階

◉全ての仕事を始める基本3段階 1.トップの観察と完璧な真似  2.他の上手い人を加算  3.自分なりにアレンジ  この3段階をコンビニバイト、自動車整備士、受験生、そして絵描きに代入してみてください。  全て同じです。  上手くいかない人はいきなり3からやるから。
全ての仕事は同じで違う。  全ての動作は同じで違う。 広義において同じで狭義において違う。 抽象度の基準を変えればどれも同じだし、違うとも言える。  世界の全てを知ることはできないけど世界のある種の法則性を知って少ない経験の断片から妄想で世界を補うことが絵には出来る。

リアリティを出す時に必要になるのがこの同じで違う抽象度の自在感。  線一本の迷いに生き方の癖が出てないか? 自分を観察してみる。  自省しつつ、自分が好き。 また自省する自分が好き。  ちょっとの毎日の工夫が数年単位で変わる。  だけど相変わらずな人はやはりそのまま。  ここら辺が難しい。

哲学的になってきて頭と耳が痛い人が多いと思いますが「考え方」を変えないとホント上手くならないんですよ。

絵にマグレはない

微妙な絵は「こう描いた」じゃなくて「こう描いちゃった」。
描いてるうちにわけがわからずに知らぬ間にこうなってしまった。  手間暇かけた分自分の絵を良い方に解釈するが見る側がマグレで良い方になんか受け取らない。  下手或いは迷いながら描いたことがもろバレ。  これは一枚の絵も1人の人生も同じ。  明確なビジョンと日々の実行。

自分の形にしたいイメージがあり、それを形にするために絵の練習がある。  これは裏を返せば自分の形にしたいイメージがない人がいくら練習しても意味がないとも言える。  練習はあくまで描きたいイメージの具現化のためにある。  アニメーターと漫画家とイラストレーターは練習方法が違う。

アニメタでも演出志望とキャラデザ志望で違う。  そのイメージは具体的であればあるほど練習が具体的で良い。  誰々みたいに上手くなりたいというのがその中で一番わかりやすい。  もっとすごい人は誰々の〇〇作品の何話風まで明確に真似する。 

見せたいモノを明確に!!

上手い人または上手くなる人の絵はこの見せたいモノの優先順位が明快。
だから見て「すっ〜と」イメージが入ってくる。 下手な人はこの逆。  伝えたいことが不明、また伝えたいことがない。  だから見るとストレスを感じる。  練習も何目的か曖昧。  常に伝えたいことを自覚した上で伝え方を研究すべし。 これはほとんど生き方全てに言える。  今うまくいってる人。これからうまく行く人は間違いなく‥‥  1.今何してるか  2.これからどうなりたいか  明確に言える。 1.2が不一致ではうまくいかない。  明確な目標と今の生き方=線一本は一致しないと良い結果=絵は生まれない


例えばアニメーターから演出志望のツイッターアカを作るなら。 今時の上手げYYさん的なタッチをおさえつつ、Kアニ的な美少女も描いて、自主制作のYouTubeのURLもありますよと。  そういう子はすぐに制作にスカウトされか、仮に不遇なスタジオにいてもやはり大手にピックアップされる。
どうやって「見せる」「魅せる」訓練出来ますか?  ってツイッターやYouTubeで出来ます。  ヒット数などで世の中のニーズが概ねわかります。  数ヶ月数年やってみてあまりに鳴かず飛ばずならとりあえずプロは諦めよう。  上手い人、才能がある人は必ず見つかってしまうのがネットの残酷さ。
これは今時、アニメーターになって成り上がってやろうという人にとっての明確な指標になる。  今時の俊英のあの子もこの子もやっぱりツイッターアカはいけてます。  ツイッターでの自己プロデュースはそのまま演出作画監督への仕事の見せ方につながります。 スタジオによってはツイッターネット禁止など下らないおふれを出してるところもあるでしょうがそれはあくまで「スタジオの都合」です。  HNでもなんでもいいからやるべき。  そして独自のユーザーとのパイプを持つべき。  誹謗抽象や情報漏洩は論外としても。
アニメ業界の歩合しか収入がない人は自己評価を全て一点に集中する。  それがコミケやネット上の収入があった時に評価が三点に分散する。  アニメーターとして微妙かもしれない人でもイラストが上手い人ならそちらの方が評価が高くなる。  アニメーターでいることと絵で食べてくことどちらが主か⁉︎

上手い新人アニメーターや志望者はベタなくらい〇〇さんフォロワーであることがわかる。しかも…

「アニメ私塾ネット村」17年4月期参加予約フォーム(4月16日正午〆切)

「アニメ私塾ネット村」17年4月期参加予約フォーム(4月16日正午〆切) リンク↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeZH6gS4wsFCpobqJMK1kUVmqY9yfa--DdX6XpQS7BWfOWkoQ/viewform?usp=sf_link
◯概要
 ・参加費年1万円
・Google+コミュニティの限定SNS
 ・18年度生優先選考参加権
 ・ニコ生非公開部分他限定動画
 ・限定イベントなど

◯ネット村の内容説明160906ver ↓
https://www.youtube.com/watch?v=IVU1xv3swmg

◯募集フォーム記入前にご確認頂きたいこと・・・
1、漢字実名フルネームのGoogle+アカウントをご用意し、Google+『室井康雄(アニメ私塾)』をフォローする。
ない方は新規に。すでにお済みの方はそれで参加可。
⬆︎事前準備として必須。これが出来ていないと入金後の参加ができません。
2、未成年者の方は親権者の同意を得ている
3、日本外在住者の方は以下の点を満たしていること
・SNS参加に必要な日本語力。
・参加費1万円を日本の銀行へ振り込みができる。

◯参加の流れ
・本フォーム記入
→4月16日正午〆切後同日中に「予約確認、参加費お振込案内」メール
→4月17日〜4月21日参加費入金
→4月24日限定SNSへ招待、入金確認メール
→手続き後参加完了
※4月16日中に「予約確認、参加費お振込案内」メールが届かない方はアドレスの間違いがある恐れがあります。
下記アドレスまで名前を明記して登録したいメールアドレスでご連絡ください。

◯参加時期
17年4月24日〜18年4月末日

◯参加更新
18年4月に更新のご連絡をいたします。

ご不明な点は以下メールアドレスまでお問い合わせください。
✉️karasawa1499@gmail.com
アニメ私塾代表
 室井康雄

意識している以上のモノは描けない。  イメージ以上にはならない。  絵に「まぐれ」はない。  それなら上手い人に何を学ぶか? 「何を意識していて描いているか」に尽きる。  また教える側は何を意識すべきかを具体的に説明すべき。

上手い人は無数の意識を同時にしながら描ける。
下手な人は意識できることが限られているからまずは比率、バランス、大まかな目線誘導など個々に絞って意識すべき。  それらがほとんど条件反射でできていけばより高度なイメージを形にできる。


余程感性に優れ才能豊かな人でない限り、教えてくれる先生の意識以上にはならないので最初に学ぶ人で意識のレベル=最終的なレベルが規定される。  もちろん次々と先生を乗り換える、あるいはいいとこ取りしていけばイイだけの話。 いいとこ取り、あるいは最初に学ぶ先生を疑えるのもある種の才能…
模写は自分がなりたい絵描きとの対話。  どんな意識で線を引っ張っているかのイメトレの時間。  シャドウボクシングのように将来何も見ずともそのレベルの絵が描けるように意識しながら描くべし。 ただ単に表層の形だけを正確に模写しても効果は薄い、 『意識を正確に真似』するのが模写の本質。
では上手い人がほぼ共通して意識していることとは?  「紙の中に描いているモノがまるで存在しているかのようにすべて描く」 これに尽きます。  デッサンならまるで裸体を触るように。 建物ならまるで重さをまで意識して支えるように。  机、椅子、車・・・ 人が使うことを意識して画面の端まで描く。


大友克洋が机の中の引き出しの中まで意識して描く ・・・ みたいなこと言ってましたがそんな感じです。  そうすると今描いてる机では作業しにくい、この椅子は座れない・・・ などのおかしな部屋にはならないはず。  入れる入り口、寝れるベッド。 当たり前にそこに存在するように描く。

定規を使うことの難しさとは・・・ まさにこの意識が薄れるから。  硬い柔らかい、または遠近パース。  定規を当てている時間も意識しないと「カンジ」がでない。  ほんの少し定規を当て直したりズラしたり。  なんとなくパースにあってるからここでイイでしょ? では全部硬いつまらない絵になる。

◉パース空間でデッサン力アップ

イメージ
◉パース空間でデッサン力アップ 
部屋より車より街より…身の回りの人工物より圧倒的に人体は難しい。 人体ほど複雑な曲線物は身の回りにない。  だから裸体デッサンを絵の練習でさせる。 ただ建物や空間が上手くなると応用的に人体デッサン力も上がる。  実は人体もメカも建物も基本は同じ。

人は描けるが車が描けない…という人はおそらく人は描いたことがあるが、車は描いたことがないが正解。  人はまず人に興味があるので多くの人が人を描いてるに過ぎない。  しかし身近な人でさえもほとんどの自称絵描きはちゃんと描けない。  僕も描けない。 人体とはそれだけで膨大な学問。

描けない人は丸と四角から人体を描こう‼︎  そして丸四角だけで軌道とタイミングさえ良ければ十分にアニメーションになる。  人体のあまりの複雑さにめまいがしてデッサンしないとアニメが描けないと思ってる人は大きな間違い。 トッププロのアニメーションにはデッサン力は不可欠だが。

上手くなる3パターン

Q.理屈、頭でっかちで華がありません A.華のある「記号」、先人の技を正確に模写しましょう。

Q.華も理屈もないです。 A.とりあえず好きな快楽原則に基づいた落書き、模写もどきなどで楽しく描く習慣を作りましょう。

Q.何が好きかわかりません A.特に描く必要がないので描かない人生を送りましょう。またはたくさんの作品に触れましょう。

Q.絵に華があるとは思いますが色々曖昧です A.理屈、デッサンなど地味で遠回りな弱点を補強しましょう

◎上手くなる3パターン 1.手で覚える→数こなす  2.目で覚える→上手い絵を知る  3.頭で覚える→理屈を知る  の関連QAです。  どれかがないと必ず成長に限界が来る話です。

1.手で覚える →頭と目が肥えていても、沢山の名作を知っていても表現するために訓練が必要です。  漢字の書き取りと同じで絵→言語→記号は絵の会話には慣れが必要です。  上手い人でもブランクがあると腕が鈍るのはそのため。  絵は絵世界言語だと思うとわかりやすい。

2.目で覚える →子供の頃から無限の優れたアニメ、漫画などコンテンツに触れているので中高のアニメ漫画好きの大半は実は無駄に目は肥えている。  さらに自分が描く側になるためにより描いてる人の気持ちを意識したり絵描き別で追いかけたりよりマニアックに。

3.頭で覚える →絵の出来にムラがある人はなんとなくの手癖に頼ってるから。  理屈を知ってると弱点がなくなりムラが減る。  そのためにはノウハウ本を見る、自分なりにいろんな展開図や三面図を使ったり、抽象化、具象化織り交ぜて描く対象を分析する。

空間は基礎から牛歩戦術!!

◎部屋を描くのがあやしい人へ パース空間の基本は‥  『見えないとこまで全部描き切る』 『急がば回れ』 『牛歩戦術』 これにつきます。  アイレベル、消失点、透視図法、広角望遠からあやしい人は立方体からやり直しを‼︎

自由自在に立方体=全面同じ面の箱が描けない人が部屋を絶対に描けない。  立方体は大きな1ドットです。  部屋全体が立方体±αでまず描けます。  次に各家具が同じ立方体の複数パターンで描ける。  慣れないうちは全部描ききり、それを最後にトリミングしましょう。

面倒くさがって曖昧に見えるところだけでこねくり回しても絶対に上手く描けません。  これは絵の練習も人生も迷路も同じ。  目先利益は上手く行かず一番遠回りが最短ルートであり必勝法になります。

衝動に素直に行動!!

プロに挑戦‼︎・・・する気持ちの人は辞めた方がいい。 アマチュアでもと余して、もっと上手くなりたい、もっと上手い人を見たい人がなるのが理想。  僕は学生時代からアニメ業界か独立系かを多少考えた時期があったが当時のネット環境と自分のレベルを考えて業界の方にまだ勝算ありと見て入った。

タラレバはないが今くらいノウハウをネットで知れたりマネタイズの方法があれば僕みたいなタイプは独立系になってたかも。 というか遅かれ早かれそうなったわけだけど。  少なくとも今後絵で食って来たい人は特に単一の会社、業界、職種で一生食っていけると思わない方がいい。

ただ今感じてる衝動に素直に行動して欲しい。  ぼんやりとやりたい、やりたくない‥‥  そういう心の声を無視してきっと自分は好きなハズだから、一回決めたし、これをやらなきゃ‥‥ って思わないように。  やってみてはじめて向き不向きもわかる。  向いてたら続ける。 不向きなら即離脱‼︎
いやなこと苦手なことも我慢した方が伸びることもある。  しかしそれにも限界がある。  あまりに我慢の期間が長いと牙が折れた獣のように衝動がなくなり無気力かする。  自分を鍛える、我慢する、時には煽てる。  全部自分が自分ですること。  自分をコントロールする。  よりよい環境を選ぶ。

◉トレス、清書の心構え‼︎

◉トレス、清書の心構え‼︎  ラフを修正するくらいに描くべし‼︎  よく素人時分にあったのがラフまでは楽しいけど、清書したら途端にショボくなる。  これは気が抜けてしまったから。  またラフは無数の線から1番見たい線を脳内補完するのでよく見える。  清書の練習は沢山清書するしかない。

トレスは顕著に画力が出る!! 他人のトレスはまして難しい。  ただなぞれば良いものではない。  元絵の描き手の意図を読み、絵の意味を知らなければ「良いトレス」にはならない。  本来は元絵描きと同等かそれ以上の画力がないと基本は劣化する。 アニメの画面の絵は悲しいか殆どがこの現象。

天才的に動きだけがうまい素人たまにいます。 しかし、プロで仕事する過程でつまづくのがこのトレス問題。  どうしてもラフは描けても清書するとキャラキープや空間にのせたり厳しくなる。  最終的な画面の良し悪しはやはりフィニッシュのトレスに依存するので上手いラフも最大限活きなかったりする。

これはラフをたくさん重ねるけどいつまでも一本に纏められない現象の人と原因は同じ。 この解決方法はやはり上手い人のトレス、またはそれに近いほど精度の高い模写のどちらかしかない。

ラフを描くときにもう一本引いてもいい・・・  という心の甘えがある人はいつまでも一本にまとまらない。  ここら辺が実はプロとアマの超えられない壁かもしれない。  プロは最速で描く工夫をする。  完成画面に少しでも貢献するために。または食うために。
元々綺麗なイラストや細かい絵が好き、細かい作業が好きな人は自ずと線が綺麗になっていく。  そういう人は「綺麗に線をまとめる」才能があるということ。  僕は少なくともそっちの才能はなかった。  アニメーターでいうと動画や作画監督にそういう才能がある人が集まっている。

・・・なので簡単な話が動画か作画監督をやると線が綺麗になるのでオススメ。  動画未経験、2原スタートのアニメーターやずっと原画のアニメーターは一本の線を決められずに簡単に言えば線を引くのが遅くて食えない新人も何人も見てきた。 アニメーターの場合は線スピード=作業スピード

この話は逆を言えば超絶上手い動画マン→速攻で作画監督を意味している。  そのくらいニュアンスを拾える人がいない。  なのでアニメーター志望者はなるべく動画をしっかり教えるスタジオに行って欲しい。 …

透視図法と空間ビートの比較

◎断面→3レイヤー→間をうめる  ※空間ビート実践編 部屋、建物、街、車‥ 様々な立体物に共通する構築のパターン。  透視図法を当てにして描くと側面が伸びる傾向になるので側面圧縮したい。  各所の断面を把握し、量感を理解し、立体化することで実感のある表現になる。

◎理論的に成立する空間と見やすい空間は違う‼︎  透視図法を駆使して理論的に正しい空間を描いた!  でもなんだか空間が斜めに見えるし、何よりもカタイ感じ‥‥。 そんな時に試したいのが空間ビートや断面3レイヤ間をうめるやり方。

本来、透視図法のアタリの放射線を描いてるときも空間を意識したいが一点から定規で描いてる間に作業になり空間構築を忘れてしまいがち。  そして何より、リアルな空間で同じ方向に平行に並ぶモノ同士でないと同じ消失点から発生させることができない。  これが透視図法の弱点。

不揃いな向きで空間に無数に並ぶ建物を透視図法で描くためには無数の消失点を設けて一軒ずつ窓枠を描いて‥‥ とあまりのシンドさに作業になり空間を意識出来なくなる。  透視図法でも空間ビートでも共通するポイントは常にそこに人がいて建物を使うイメージ。 それに合わせて入り口や窓を描く。

建築など設計図には透視図法は無論向いてるが絵やアニメーションのレイアウトには見せたいモノを平面レイヤで捉えそれ同士の間をうめる手法の方が簡単で自由が高い。  人形劇でよくある近景、キャラ、遠景の3レイヤと考えるとわかりやすい。

◎透視図法を使った時によくあるミス  ・左右の建物の縮尺が変わる  ・まっすぐ過ぎるありえない道  ・角度のある放射線で道幅が把握しにくい  ⇩解決法 《消失点でなく消失面でとる》  ・点でとるから同一平面平行に限定されるがもっと緩やかな円を消失点周辺に描いてそこらへんから放射線をとる

《消失点でなく消失面でとる》  ・リアルな街などにある緩やかなに同一方向同一平面を再現しやすい。  ・この場合も建物のサイズ感、ボリュームを意識して放射線を取る  ・大事なことは定規で綺麗な線を引くことではなく定規を使おうが使うまいが常に 《線をコントロール》すること。

線はコントロールされずに無意識に引かれた場合、途端に力をなくす。  表現にならず作業になる。  これが定規を使う難しさ。  定規を使いつつ、コントロールするのはかなり難しい。  定規を使って…

◉成長の過程に合わせた練習方法例

◉成長の過程に合わせた練習方法例  1.落書き期→描き始め、描くことが好きになるように快楽原則に基づく。  2.模写期→1に限界を感じ、先人の技を吸収し、記号を獲得  3.デッサン期→リアルな形を学び、理解する  4.オリジナル期→無数の過去作品を知り今までにない一手を模索する。

世の中では簡単にオリジナリティとかいうが少なくとも落書き→模写→デッサンのループをなんども繰り返し、マスターしなければ… オリジナル→歴史上の新手なんてうてるハズもない。 もっと君のオリジナリティをなんて簡単にいう絵の先生がいたらそいつは…

歴史を知らずにオリジナルだと思い込んで描いた絵は今までの何かの出来損ないかあるいは「個性的」な記号のパクリのどちらかになる。 歴史が進めば進むほどあるメディアにおけるオリジナルは難しくなる。 どうすればいいか? メディアを変える。ジャンルをズラす。

VRは黎明期でまだほとんど作品がない。 VRでは時間軸もフレームもない。 その中でどんな表現が求められるか・・・ まさにいまサイレントムービーの横アングルしかない時代以下の状態。 ここで各メディアの歴史が役に立つ。 アニメの黎明期→成熟期→飽和期などどういう変遷を辿っているか?

今はあるジャンルでは飽和期だがあるジャンルでは黎明期。 飽和期と黎明期ではやるべきことがまるで違う。 飽和期では末端までノウハウが行き渡る「大衆化」のための教育。 黎明期ではとにかくいろんなパターンを試し失敗する、トライ&エラー。 自分が挑むジャンルの成熟度を知るのは大事!!0件の返信136件のリツイート530 いいね

◎絵の賞味期限問題について

◎絵の賞味期限問題について
頑張って描いたけど・・・
すぐにげんなりしてしまう。
絵の上達という観点からすればすごく良い現象です!!
むしろ自分の絵に満足している時間が長ければ長いほどに成長スピードが遅くなります。

あとは自己満とげんなりのプナスマイナスの差し引きですね。
描いている間中は自己満してないと完成しない。
描き終わったらもう直したいところがある・・・。

これは不慣れな描き始め時期には致し方ないと思います。
僕もそうでした。

自分なりの必勝パターンがないとずっと下手な自分の絵になります。
徐々に慣れて「型」が増えていくことで形になり萎えることが減っていきます。
そのために正確な模写は落書き時期の脱出のために有効になります。

◎まとめ
萎えるは成長のために大事。
しかし次につながらないと意味がないので落書きに不満が出てきたら正確に模写しよう!!


◎17年度新規塾生『初心者コース』募集フォームお知らせ

◎17年度新規塾生『初心者コース』募集フォームお知らせ
参加希望者は以下フォームよりご記入ください↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfo2g8K_7mOYczdolylc8TW3tf_I3mHHsajZYnaepQ6Evg7ig/viewform
※新規1年目優先選考に参加されている方へ
こちらのフォームから「初心者コースを第一希望に変更」または「1年目優先選考落選した場合の第二希望として初心者コース」を選択いただけます。
※1月末日までアニメ私塾、ネット村両SNSで早期募集します。
2月頭から優先選考、継続受講者数を踏まえて一般募集を開始します。

◯『初心者コース』概要
・毎月3回年36回の添削機会
・17年4月~18年3月まで講習
・年講習料¥108,000円※分割月賦など不可
・毎月1回オフ会orネット添削選択制
・先着順※塾内、ネット村内SNSに早期告知
・定員50名程度※達し次第〆切
・Google+の限定コミュニティで課題、添削結果、日程、オフ会、ネット添削の手元動画などの共有
・未成年者の方は親権者の同意が必要です

◯一般参加者の方へ
・漢字実名フルネームのGoogle+アカウントが塾参加に必要です。
入塾前にご用意し、Google+『室井康雄(アニメ私塾)』をフォローしてください。
お持ちでない方は新規に、すでにお済みの方はそのアカウントでご参加いただけます。

◯外国籍または日本外在住者の参加希望者へ
以下の点を満たしていることが参加条件になります。
・やりとりに必要な日本語力をお持ちであること
・講習料を日本の銀行へお振り込みがいただけること
※日本外在住者の方のみ課題提出は郵送ではなく、メールになります。

◯説明会動画↓
・新規「初心者コース」の説明
https://youtu.be/G5nXaSCxmQw

教育とプロorアマ

アニメや絵の教育…  というとすぐプロ前提にする人たちがいるがおかしい。  書道やゴルフ教室が全てプロ養成か? そんなハズはない。 絵もしかり。  絵は描いて楽しい。  その先でずっと描きたい、仕事にしたい人はそうすればいいだけで。  なる側もいきなりプロを意識してる人はおかしい。

野球などスポーツは無数のアマチュア層がプロのクオリティを担保している 。  アニメも絵も本来そうあるべき。  なぜアニメ教室が少ないのか?  町の絵画教室はお年寄りばかり…  でもネットもコミケもアマチュアだらけ。  明らかにノウハウや教育者が足りてない。

専門や美大行ったけど全然絵と違う職業に就いた…。  それは全然いい。  だけど絵を描くことそのものまでやめた人は勿体無い。  絵なんてお金がかからない趣味なんだからいくらでも再開出来る。  子供時代、ホントは絵が好きだったけど受験、就職で諦めた人。  いくらでも今から上手くなる‼︎

プロの絵描きになる条件‼︎  『アマチュアとしての活動実績がしっかりあること』  当たり前ですね。  音楽、芸能、スポーツ全般アマ歴のないプロなんていない。  なのにアニメ業界に関しては学校に行ってただけで間違ってなれてしまう。  業界の構造に加え、アマ歴なし新人が低賃金の理由。

学校に入っただけではアマ歴にならない。 学校で描いて創作してアマ歴になる。  専門、美大で少なくとも3本くらいは作らないとアマ歴十分とは言えないかも。 僕はアニメサークルで10本以上は作った。 線画のみの習作から色付きまで色々だがプロに入る前から少なくとも絵+時=アニメの感覚はあった。

そこまでやってどうやらアニメは作って楽しいらしいとわかってはじめてプロを視野に入れて欲しい。  さらに今ではネット評価もあるからプロ適正の参考になる。  どんなビンボーでも耐える覚悟がある人は置いてといてある程度絵で真っ当に生きていきたい人はやはり他人対自分の相対評価でギャラが決まる。

やる気も才能のうち‼︎

やる気も才能のうち‼︎ 才能=感性×経験値。  むしろみんなが思っている才能に近いものは感性の部分。 美的感覚、趣を解する感覚。  そこに沢山描いたり、仕組みを理解したりする経験値を掛け合わせて描けるようになる。 描けたら楽しい→やる気がさらに出る。 だからやる気がでないのは才能不足。

これは自分の仕事に凄く実感がある。  描けるモノが少ない時期は派手なアクションしか動かすことが出来ない→やる気が出ない状態だった。  徐々に描けるモノが増え、デッサン力が付いてくると細かい芝居も楽しくなって行った。 やる気が出ないのはヘボなだけだったから。

才能=やる気=感性×経験値…  そう、 経験値でかなりの部分は才能を開花させることが出来る。  しかし感性の部分で成長率が全くかわる。 感性はさらに先天、後天に分かれる。 つまり生まれつきと幼少時代の体験。 大人になっても感性を磨くことは多少出来るが簡単に言って好き嫌いをすぐには変えらない。

感性が豊か=興味の範囲が広く豊かということを考えればやはり絵が上手くなるためには机での手と目の修練に加えて、外に出て色々な実物を見て触れて感性を伸ばす修練も同時にしたい。
やる気が出ないとは要するに表現したいストックがない状態でもある。  それも実は才能=能力=画力のうちに入る。
同級生のあの絵の上手い子は今何をしてるんだろう……  その子にはポテンシャル=潜在能力はあるけど絵描きになる才能は無かったことになる。 つまりリア充だと絵の世界で自分を表現する必要がないわけで大なり小なり非リアじゃないと絵を描こうと思わない。  これも感性の一部と言える。

絵の上手かった同級生はポテンシャルがあっても絵を大人になっても描き続ける感性がなく経験値を積まなかったので才能が開花しなかったと言える。  その人の人生において絵がそれほど必要なかったのであって別に良し悪しの問題ではない。 絵の上達ばかり考えてると絵の上手下手でしか自分も他人も計れなくなる。 絵に今興味があるなら散々飽きるまで描いてみればいい。  その合間に他に興味があることがあればそれも同時にやって行ったらいい。  趣味や興味があることが本人のネタになる。  趣味や興味がない人は絵のネタがすくない。 つまりやる気は気合を入れても出ない。  感性と経験値を伸ばす行動の先でやる気が出る。  感性の中身は好き、興味…

◎絵が描けるための3ステップ

①手でおぼえる  →沢山描く、漢字の書き取りと同じ
②目でおぼえる  →上手い形、実物を見るまたは模写、デッサン  ③頭でおぼえる  →骨格、構造、仕組みを理解しゼロから組み立てる  ※この三要素のバランスが大事。どれか欠けると上達しにくい

①手数と②見る目だけで③理解がない人は応用が利かない。  つまりいつもの形、パターン、手癖しか描けない。  ②見る目と③理解だけの人はイメージを形に出来ない。 手が追いつかない。 ①手数と③理解だけの人は絵にまとめる方法が乏しいのでやはり表現に困る。  描けない人は必ずどれかが足りない。

この三要素の確認のために有効なのが「作品作り」!! または「他人に教える」・・・ つまり自分の蓄積をまとめて統合して他人と共有することで自分の弱点、3ステップの何が足りないかよく分かるようになる。 作画監督連投で枯れそうな人は1ばかりで2.3が足りないから原画や演出などが弱点補強になる。

◎最速で絵を支配する方法!!

◎どんな絵も一本の線で表現できる!!
「シルエット」=一本のアウトラインということです。  情報量の多い絵ほどまずこれを意識してほしい。  どんなに複雑な絵も大まかフォルムのシルエットから徐々に中身を入れていこう!!  そうすれば早く描けるし、全体のバランスも良くなる。

作画監督作業している時に・・・  ミドル以下の絵時間がない場合にシルエットのみ修正ということをしていた。  バストアップ以上ならまず直すのは目で次に顔の輪郭、贅沢できれば他の要素も・・・ どのポイントが絵を支配しているかを見極めて、最低限で最大限を時間がない時は目指す・・・。

その時にポイントになるのがやはり「シルエット」。  最速で絵を支配するためには一本のシルエットで表現すること。  次に各所を分割する。  目、顔、鼻、手足・・・各所これまた線ではなくシルエット(面)で分割していく。  そうすれば絵がバラバラの線の集まりでなくて全体像を常に意識した線になる

戦車、木々、家屋、動物など。  難しくて描けない・・・ となったら目を細めて「全体のフォルム」を捉える。  これが「抽象化」。  シルエットをみろと言われて細かい各所しか見ないのはダメ。  大まかなシルエットで捉えて分割して時間があれば徐々に内部を入れれば時間に合わせて絵を完成させられる!

この訓練に有効なのがクイックドローイング。  3分、1分、30秒・・・とあるが短い時間でいかに全体を支配するかの訓練になる。  この時に細かいところを見ては完成しない。  必ず時間内で全体のフォルムが崩れたとしても描ききるのが大事。

線を重ねるのはイイけど線一本一本に立体感、デッサン、全体のバランスを意識しないと途端に絵が死ぬ。
線を重ねればなんとなく絵が誤魔化せる=ヘボに見えずに済む、安心すると内心思っている人は一度その感覚をリセットして簡単なシルエットで表現する方に舵を振ってみよう。

◎アニメ私塾17年塾生の各種受講コースまとめ

イメージ
◎アニメ私塾17年塾生の各種受講コースまとめ
<共通>
・実名フルネームGoogle+アカウントが参加必須
・Google+コミュニティ塾内限定SNSで添削結果、オフ、ネット講習の手元動画の塾内ノウハウ共有
・年間講習料108,000円※月賦、分割等はございません。

◉初参加の方は以下2コースから選択
○1年目コース
<概要>
・月3回、年36回の添削機会
・月1ネットorオフ講習選択制※オフ講習会は月1回東京で行います
・模写、デッサン、ポーズ創作、様々な角度、空間と人など
<習得目標>
・どんな絵でもどんな角度でも自在に描けるようになるための準備・アニメーター養成、その他絵に関わる人のスキルアップ
<主な対象>
・アニメーター志望、または新人、中堅で実力に不安がある方
・ 漫画、イラスト、3Dアニメーター等で画力向上
・数年のアマチュア歴があり、実力の伸び悩みがある方 <参加方法> ・ネット村内による優先選考、定数に満たない場合17年2月以降に一般公募 
○初心者コース
<概要>
・月3回、年36回の添削機会
・月1ネットorオフ講習選択制※オフ講習会は月1回東京で行います
・好きなキャラの顔、全身の正面、横、斜め、その他好きな◯◯など自由度の高い課題が中心<習得目標>
・絵を描くことが好きになること
・好きな絵、キャラ、モノを明確にすること
<主な対象>
・絵を描き始めの方
・絵のスタイルの確立をしたい方
・いつも一人で描かれている方でデッサン力に不安がある方のサポートとして<参加方法>
・アニメ私塾+ネット村限定SNS内による早期募集、定数に満たない場合17年2月以降に一般公募 

◉塾生+OBOGは以上2コースに加え以下3コースの計5コースから選択 ○アニメーションコース
<概要>
・年32回添削機会
・オフ会またはネット添削月一回
・100枚しりとり、メタモル、ボール、振り向き、歩き、走り、エフェクト、個人制作など
・課題各週がアニメーションの投稿が必須なので「動かす」ことに徹底した一年になる
<習得目標>
・新人アニメーターの研修課題相当
・新人アニメーターが3年以内に獲得したい基本的なアニメーション
・絵+時間=アニメーションを自在に表現すること
<主な対象>
・基礎的なアニメーションを習得したいプロ、アマの手描きor3Dアニメーター
・その他アニメ…

◎才能って色々ある

◎才能って色々ある
・絵の上手下手  ・絵で食べていく  ・机に座っていられる才能、いられない才能 ・絵を趣味として生涯の楽しみにする  ・何百億も稼ぎ出す  ・アニメーション、マンガ、イラスト各ジャンルで威力を発揮・・・  実はアニメーションが上手い才能とアニメ業界での振る舞いが上手い才能だって微妙に違う。  物差しは一つではない

子供のころ、学校や親の漠然とした学歴信奉の中にいればそういう物差しで高学歴=頭が良いという頭の悪い発想でしか考えられない。  しかし現実の社会でいろんな人に会えばいろんな頭の良し悪しに気づく。  また頭の良し悪しの両面の幸、不幸も知ることになる。  絵の上手下手、才能論も全く同じ!!

色んな才能の種類があるんだから自分に必要な才能を試して伸ばしていけばイイ。  ロールプレイングゲームのパラメータ表記と同じだ。  絵で食っていきたい人が絵は上手いけどコミュ力がないならコミュ力をあげればより食っていきやすくなる。 逆も然り。  自分の属性を知っていることは大事!!

コミュ力を必要としないほど激ウマなやつもいる。  そういう人は周りのアプローチが多いのでコミュ力をあまり必要としない。 だから上げないし、本人がそれ以上を望まなければあげる必要もない。  しかしみんながみんなそうはいかない。

またプロほど上手くなくても宣伝、キャラが立っていればネット指示で独立もできる時代に・・・  必ずしもこうしなければいけない時代ではなくなった。

◎17年度新規塾生『初心者コース』について

※2月初旬より一般募集予定
◎17年度新規塾生『初心者コース』
◯『初心者コース』概要
・毎月3回年36回の郵送添削
・17年4月~18年3月まで講習
・年講習料¥108,000円※分割月賦など不可
・毎月1回オフ会orネット添削選択制
・先着順※塾内、ネット村内SNSに早期告知
・定員50名程度※達し次第〆切
・Google+の限定コミュニティで課題、添削結果、日程、オフ会、ネット添削の手元動画などの共有
・未成年者の方は親権者の同意が必要です

◯一般参加者の方へ
・漢字実名フルネームのGoogle+アカウントが塾参加に必要です。
入塾前にご用意し、Google+『室井康雄(アニメ私塾)』をフォローしてください。
お持ちでない方は新規に、すでにお済みの方はそのアカウントでご参加いただけます。

◯外国籍または日本外在住者の参加希望者へ
以下の点を満たしていることが参加条件になります。
・やりとりに必要な日本語力をお持ちであること
・講習料を日本の銀行へお振り込みがいただけること
※日本外在住者の方のみ課題提出は郵送ではなく、メールになります。

◯説明会動画↓
・新規「初心者コース」の説明
https://youtu.be/G5nXaSCxmQw
・学生時代の下手な自分絵の添削 (受講参考動画)
https://www.youtube.com/watch?v=FmqyWrUWLF0

◯入塾の流れ
・3月6日入塾手続きのご連絡メール
・3月13〜17日入金
・3月20日入金確認メール、入塾手続き
・4月上旬17年度1年目課題スタート

◎17年度『初心者コース』課題内容
◯4〜9月「好きなキャラを描こう」編
※各週一体、好きなキャラはオリジナル、既存のアニメ、漫画、イラスト問いません。
また模写、何も見ずに自分で描くいずれも可
・4月ー「好きなキャラの顔を描こう!!」
・5月ー「好きなキャラの全身を描こう」
・6月ー「好きなキャラの好きなポーズをつけよう」
・7月ー4月と同じく
・8月ー5月と同じく
・9月ー6月と同じく
◯10〜翌年3月「好きなモノ+キャラを描こう」編
※各週一個+一体他4〜9月の条件と同じ
・10月ー「好きな服+好きなキャラ
・11月ー「好きな髪型+好きなキャラ」
・12月ー「好きなモノ+好きなキャラ」
・1月ー「好きなキャラ+好きなキャラ」
・2月ー…

模写=なりたい先人のマネ!!

模写が一番上手くなる →自分が描きたいイメージに近い先人の模倣… ということです。一応。
つまりあんまりリアルなのが本当は好きじゃないけどデッサン…
などは先人の模倣をし過ぎた先で行き詰まった時の打開策です。
あくまで。
リアルなデッサンやっても美少女、美青年絵は上手くなりません。
各ジャンルの造形美の歴史や記号がありますのでやはり先人の模倣が一番上手くなる近道。
他の別ジャンルを参考にするのも実は一、二段先の高等術。
アニメ、漫画、イラストなど各ジャンルの
まっすぐ先の一番自分が描きたい憧れの模倣が一番上手くなるという意味の短縮が上記なことをお忘れなく。

◎好きなモノを宣言していく

新規<初心者コース>は「好きなキャラ、好きな・・・」に終始する理由。初期衝動=母港であるから。  絵が上手くなるための航海に出た時に自分が元々何が好きか、どういうことをしたかったか他人のノウハウや仕事で学ぶ中で忘れてしまうことがあります。
辛い時、伸び悩んだ時に初期衝動を思い出してほしいから。
シャイな人もいるかもしれません。
ちょっと高尚そうな練習で好みを知られたくないかもしれません。
しかし自分の好みを自他にアナウンスしていくことは伸び悩みスランプ気や仕事の辛い時期に重要になっていく。
絵をはじめたばかりの頃の初期衝動を知っていれば‥
道に迷った時に立ち返る。

プロになったけど上手く行かずに絵を描くことそのものを辞める人もたくさんいます。
たまたま今のアニメ業界のせいで離職しただけかもしれない。 売れないのは能力不足だけでなく、ただ出版不況なだけかもしれません。

自分の好きことを自覚するためには‥
『これ好きだ!!』
って口に出すこと、文章にすること。
そうしないと忙しい間に千と千尋みたいに名前を取られて自分が誰か分からなくなります。

上手下手の思い込みリセット

自分が絵が下手だという人。  下手でなく描く行為に不慣れなだけかもしれない。  自分が本当に下手かどうかは随分沢山描いてみないと本当のところわからない。  逆に今上手いとされている人。  これはただ慣れているだけかもしれない。  上手、下手と勝手なイメージを付けると本質が見えなくなる

才能の有無とはほとんど興味の有無かもしれない。 子供の図工美術の時間に絵が好きな子は離れないで描くが絵が嫌いな子は描いてられずに集中できない。 同じ時間で結果は一目瞭然だろう。  美的センスがある→美しいことに興味があり、それについてずっと考えたり、拘ったりする人かもしれない。

絵は究極的にはやはり自己満が大事。  自己満しないと次描こうと思わない。  自己満の延長に他人が対価を払ってくれて商売になる。  自分が下手かもしれない恐怖とは他人の評価の恐怖でしかない。  もっと自分がどのくらい絵が好きか⁈ ・・・を見つめて絵と適切に付き合えばいい。

自己満には自分を満たすに加えて他人を満足させることによる自己満もある。 仕事にしたい人は見せる他人への配慮が大事になるけどそれは自分の描きたい範囲のモノでないとやはり続かない。  つまり仕事の幅とか引き出しの多さは描きたい範囲、世界に対しての感度とかと連動している。

◯1枚絵も1カットも短編も大長編も・・・手順は同じ‼︎

《2年目個人制作を進めるみなさんへ》 ◯1枚絵も1カットも短編も大長編も・・・手順は同じ‼︎  1、ラフ(企画、シナリオ、方針)  2、下書き(コンテ、レイアウト)  3、ペン入れ(原動画)  4、仕上げ、彩色、編集(同じ)  これはほぼすべての創造のプロジェクトから生き方に通ずる話。

いきなり2、3からやりたくなりますがまず1がしっかりしていないとそれ以降の手順をゼロからやり直すことになります。  2、3までやってうまくいかないとき・・・  早々に1に戻り考え直す。 つまり大まかな方針(生き方)が間違えているとそのあとのすべての努力、時間が有益になり得なくなる。

2、3を薄らぼんやりと間違っているのに気づかぬふりをしてそのあとどうにかなるだろうと思ってもどうにもならない。  後悔や不安は大きくなることはあっても小さくなることはない。  また2、3の実作業が楽しくなって1を忘れることも注意。  常に方針を念頭に置いた上で細部を詰めていく!!

◯生き方応用編  1、ラフ→漠然とした希望  2、下書き→学校、仕事、結婚など  3、ペン入れ→アニメーターなら動画→原画→演出転身など  4、仕上げ、彩色→日々の生活  2〜4を変えるのは怖いのでとりあえず自分の本当にやりたかったことは忘れて気がついたらリビングデッドになっていく。

◎アニメ私塾課題「初心者コース」構想

◎アニメ私塾課題「初心者コース」構想
※ニーズがありそうなら17年4月からスタート
※現在、新規塾生希望出している方も変更可能
※まだ構想段階なので一定のニーズを確認したら募集フォームを作ります

対象:絵の描きはじめの方やとりあえず絵を描いてみたい方へ
募集方法:先着順※塾内ネット村内に一週間早く告知など優遇検討中
指導内容:郵送添削+月一回のオフ会またはネット添削いづれか選択制
講習期間:一年間36回
年講習料:¥108,000円※分割月賦など不可

◯説明会動画↓
・新規「初心者コース」の説明
https://youtu.be/G5nXaSCxmQw
・学生時代の下手な自分絵の添削 (受講参考動画)
https://www.youtube.com/watch?v=FmqyWrUWLF0

◯4〜9月「好きなキャラを描こう」編
・4月ー「好きなキャラの顔を描こう!!」各週一体
※好きなキャラはオリジナル、既存のアニメ、漫画、イラスト問いません。
また模写、何も見ずに自分で描くいずれも可

・5月ー「好きなキャラの全身を描こう」各週一体

・6月ー「好きなキャラの好きなポーズをつけよう」各週一体

・7月ー4月と同じく

・8月ー5月と同じく

・9月ー6月と同じく

◯10〜翌年3月「好きなモノ+キャラを描こう」編
・10月ー「好きな服+好きなキャラ」各週一体
全身、バストアップ、全身

・11月ー「好きな髪型+好きなキャラ」

・12月ー「好きな食べ物+好きなキャラ」

・1月ー「好きなキャラ+好きなキャラ」
二人の好きなキャラを描こう

・2月ー「好きな場所+好きなキャラ」

・3月ー「好きな◯◯+好きなキャラ」
◯◯は10月〜2月のどれかでもまた他のモノでもOK!!