◎絵が描けるための3ステップ

①手でおぼえる 
→沢山描く、漢字の書き取りと同じ
②目でおぼえる 
→上手い形、実物を見るまたは模写、デッサン 
③頭でおぼえる 
→骨格、構造、仕組みを理解しゼロから組み立てる 
※この三要素のバランスが大事。どれか欠けると上達しにくい

①手数と②見る目だけで③理解がない人は応用が利かない。 
つまりいつもの形、パターン、手癖しか描けない。 
②見る目と③理解だけの人はイメージを形に出来ない。
手が追いつかない。
①手数と③理解だけの人は絵にまとめる方法が乏しいのでやはり表現に困る。 
描けない人は必ずどれかが足りない。

この三要素の確認のために有効なのが「作品作り」!!
または「他人に教える」・・・
つまり自分の蓄積をまとめて統合して他人と共有することで自分の弱点、3ステップの何が足りないかよく分かるようになる。
作画監督連投で枯れそうな人は1ばかりで2.3が足りないから原画や演出などが弱点補強になる。

コメント

このブログの人気の投稿

目の描き方まとめ!!

◯絵が上手くならない理由

◉アニメ私塾おすすめ動画まとめ170411再編