上手下手の思い込みリセット

自分が絵が下手だという人。 
下手でなく描く行為に不慣れなだけかもしれない。 
自分が本当に下手かどうかは随分沢山描いてみないと本当のところわからない。 
逆に今上手いとされている人。 
これはただ慣れているだけかもしれない。 
上手、下手と勝手なイメージを付けると本質が見えなくなる

才能の有無とはほとんど興味の有無かもしれない。
子供の図工美術の時間に絵が好きな子は離れないで描くが絵が嫌いな子は描いてられずに集中できない。
同じ時間で結果は一目瞭然だろう。 
美的センスがある→美しいことに興味があり、それについてずっと考えたり、拘ったりする人かもしれない。

絵は究極的にはやはり自己満が大事。 
自己満しないと次描こうと思わない。 
自己満の延長に他人が対価を払ってくれて商売になる。 
自分が下手かもしれない恐怖とは他人の評価の恐怖でしかない。 
もっと自分がどのくらい絵が好きか⁈
・・・を見つめて絵と適切に付き合えばいい。

自己満には自分を満たすに加えて他人を満足させることによる自己満もある。
仕事にしたい人は見せる他人への配慮が大事になるけどそれは自分の描きたい範囲のモノでないとやはり続かない。 
つまり仕事の幅とか引き出しの多さは描きたい範囲、世界に対しての感度とかと連動している。

コメント

このブログの人気の投稿

目の描き方まとめ!!

アニメ私塾おすすめ動画まとめ170411再編

◯絵が上手くならない理由