2017年10月26日木曜日

◉自撮りポーズの撮り方

◉自撮りポーズの撮り方 僕は動画で撮ります。 
僕は動画で撮ります。
そして画面見ながら様々なポーズを撮ります。
止め絵で使うときはコマ送りしながら一番適したポーズを選びます 。
例えば歩きポーズを描くときに止まった「歩きっぽい止まったポーズ」を撮影する人がいますがこれは間違いです。
重心が前にないので歩きに見えず「ぽい何か」にしか見えないので参考として不十分です。 
必要な素材を撮るためにもまたコツとある程度慣れが必要です。

自撮りは慣れてくるとこの瞬間を原画にしようとかオーバー気味にやろうとか。 
まさにアクターのようにカメラ写りを意識して後の作業しやすい撮り方ができるようになってきます。 
その準備としてアイレベルや画角などある程度の計画は事前に必要です。 
行き当たりばったりでは上手くいきません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

プロとして生き残るために

絵を描くにも表現活動するにも「お金」は一定の行動や時間の「自由」を得るために不可欠。 「現場にお金を流してなるものか!!」という強い意志すらアニメ業界はじめ、最近の教師勤務時間のニュースに感じる。 予算どうこうではなく、行動の自由を奪うというところにブラック化の狙いがある。 ...