◉パース空間でデッサン力アップ

◉パース空間でデッサン力アップ 

部屋より車より街より…身の回りの人工物より圧倒的に人体は難しい。
人体ほど複雑な曲線物は身の回りにない。 
だから裸体デッサンを絵の練習でさせる。
ただ建物や空間が上手くなると応用的に人体デッサン力も上がる。 
実は人体もメカも建物も基本は同じ。

人は描けるが車が描けない…という人はおそらく人は描いたことがあるが、車は描いたことがないが正解。 
人はまず人に興味があるので多くの人が人を描いてるに過ぎない。 
しかし身近な人でさえもほとんどの自称絵描きはちゃんと描けない。 
僕も描けない。 人体とはそれだけで膨大な学問。

描けない人は丸と四角から人体を描こう‼︎ 
そして丸四角だけで軌道とタイミングさえ良ければ十分にアニメーションになる。 
人体のあまりの複雑さにめまいがしてデッサンしないとアニメが描けないと思ってる人は大きな間違い。 トッププロのアニメーションにはデッサン力は不可欠だが。

コメント

このブログの人気の投稿

目の描き方まとめ!!

◯絵が上手くならない理由

◉アニメ私塾おすすめ動画まとめ170411再編