2018年5月16日水曜日

やる気は作るもの

◯やる気は作るもの 今日も絵をなんとなく描きたいけど億劫で描かない…という人。 それは無理からぬこと。 目的もなく文字を書かないように絵も何らかの目的がないと「一定期継続的に」描かないものです。 僕は仕事以外で絵を描くことは親戚、知り合い向けとか誰かを喜ばす以外本当にしません。

◯放っておいても描き続けるのは天才だけ… そういう人もいます。 自分がそうでないなら動機がないと描かないものです。 少なくとも僕はそうです。僕はやる気は作るもので自然と湧いてこない。 学生時代は自主アニメのため、プロ以降は「楽しい仕事」として。 絵の仕事は天才だけのものではないです

◯やる気は設定するモノ やらなければいけないことでなおかつ楽しければ「やる」しそうでなければ「やらない」わけなので当然やる気は出ません。 なので自分の確からしい描く目的をいかに設定するかが「天才ほど意欲がないが絵は描き続ける」ために必要なことです。

◯やる気の設定例 ・ツイッターフォロワー稼ぎ ・同人活動 ・自主アニメ ・将来は絵のプロ …など練習のための練習って虚しいし効果薄い。 あくまで目標が明確じゃないと人はそもそもに行動しない。 案外みんな忘れがちなのが…「絵で自分を癒す」こと。 心を癒すことも立派な目的。


0 件のコメント:

コメントを投稿

プロとして生き残るために

絵を描くにも表現活動するにも「お金」は一定の行動や時間の「自由」を得るために不可欠。 「現場にお金を流してなるものか!!」という強い意志すらアニメ業界はじめ、最近の教師勤務時間のニュースに感じる。 予算どうこうではなく、行動の自由を奪うというところにブラック化の狙いがある。 ...