2018年5月16日水曜日

他人の人生の吸収が一番勉強になる

◯他人の人生の吸収が一番勉強になる。 そのために本はあるんだよね。 自分一人でできる行動範囲には限界があるから他人の体験談。 そう言う意味では作家の念がこもった漫画、アニメ、映画、今時ならネットの話まで他人のある種の体験談。 それらを知ることで自分を拡張できる。

無数の体験談を知っているのとそれを今の自分に程よく吸収していくこと。いきなり神作画を初心者がマネ出来ないのでまず自分がマネ出来そうなところから階段を一歩一歩登る。 だから、ある狭い範囲において絵描きはマニア以上に詳しくなったりする。 成長過程において他人のパターンが雛形になる。

知ってるのが大事。 別に知ったからと言って嫌いなことまでやる必要はない。 しかし今不要でも将来、スランプになった時の打開策になるかもしれない。 とにかく何パターンも描き方はあるんだから適材適所で使い分けたらいい。ある時の不正解はある時の正解かもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

プロとして生き残るために

絵を描くにも表現活動するにも「お金」は一定の行動や時間の「自由」を得るために不可欠。 「現場にお金を流してなるものか!!」という強い意志すらアニメ業界はじめ、最近の教師勤務時間のニュースに感じる。 予算どうこうではなく、行動の自由を奪うというところにブラック化の狙いがある。 ...