2018年5月16日水曜日

絵が上手くなる瞬間の快感

上手い絵の吸収と実物の観察をやめたら絵の成長はそこで止まる。

絵が上手くなる瞬間の快感 世界の構造を垣間見たようなそんな快感。 映画マトリックスの弾がゆっくりに見えるそんな快感。 それを得る為にはひたすら的を得た鍛錬を積むこと。 闇雲じゃダメ。 明確な目標とする誰かを影響受けた作品まで追いかける。その人のやりたいことに気づいた瞬間の快感。

点でしかなかった世界が線で繋がりさらに奥行きと時間が加わり、4次元のリアル体感になった瞬間にまるで本人になったような気になる瞬間がある。
幻想に過ぎなくてもいい。 そこまで臨場感を持って目標の本人に成りきろう。 ちっぽけな競争などどうでも良くなる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

どう稼ぐかよりもユーザーをどう喜ばせるか?

どう稼ぐかよりもまず先にやるべきはユーザーをどう喜ばせるか? ユーザーの立場になり欲しいサービス、絵を逆算することが商売の基本だと思います。 相手に圧倒的に得だと思わせるためにはどうすればいいか? あと宣伝も。 足りてないところに足りてるものを運ぶ。 その時に代わりに...