2018年5月16日水曜日

最大の敵は…「飽きる自分」

◯自主制作、趣味の最大の敵は…「飽きる自分」 最大のスポンサーは自分なので自分を飽きさせないように最大限に工夫が必要になる。 逆に言えばそこさえクリアすればニッチな作品ほどネットで拡散されてどこかの誰かが楽しみ応援してくれるだろう。 いづれにせよ最強最大の敵は自己満の壁。

小中高大就職と他人のオーダーに言う通り答える訓練はみんなしていて得意だけど… 趣味の創作においては「自分が一番何を見たいか?」という禅問答がはじまるのでそこでみんなつまずく。 そんな時は視聴者を限定しよう。友人のあいつとあいつとか。 それがすなわち作品のテーマ(制限)となる。

創作とは可能性を削る行為!! 何も描かなければそこには無限の可能性がある。 しかし一本線を引けばそこに地面が生まれ、情報が限定される。 面白い作品作りとはすなわち面白い制限を作っていく行為。 無限の可能性そのものは面白くもなんともない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

「普通」「常識」のワナ

こんだけ長ツイートしててあんまり「普通」「常識」を肯定的につかった試しはないかも。 自然と言葉にしてる人、頭に浮かべてしまう人は思考停止なので注意。 普通と常識を疑うことにこそ革新のタネがある。 「統計的に言って」も子賢いバカの常套句。 統計結果があり結論を導き出すのではなく...