2018年5月16日水曜日

どんな教育も恣意的

ノウハウについての注意事項。 どんな教育も恣意的であることを忘れてはいけない。 僕のパース論はそういう絵を描く人が増えて欲しいという恣意性によるものであって世界共通の真理ではない。 受け取る側も一つの考え方として受け取ってほしい。 厳密には答えは現場の数だけある。

例えば奥面が斜めの話はまず実写ではそこまで違和感がない。 めちゃくちゃ上手いアニメなどでは時折上手く行ってる場合もある。 上手く行ってない場合もある。 ただある種のセオリーであるとは言えるのでそこをまず最低限知っておいて欲しいという恣意ってことです。

うわあ、面白い!!っと思う感動が多分、前提的な正解。 それは上手い絵もノウハウも同じ。 納得感みたいなもの。 なので恣意的にあっちにこっちに引っ張りたい!!と思っている人はそういう風に仕立てるしかない…と自分に言い聞かせてます。 なんにせよ感動させないと人は動かない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

どう稼ぐかよりもユーザーをどう喜ばせるか?

どう稼ぐかよりもまず先にやるべきはユーザーをどう喜ばせるか? ユーザーの立場になり欲しいサービス、絵を逆算することが商売の基本だと思います。 相手に圧倒的に得だと思わせるためにはどうすればいいか? あと宣伝も。 足りてないところに足りてるものを運ぶ。 その時に代わりに...