2018年3月14日水曜日

子供は模写をいとわない…

子供は模写をいとわない… 
ドラクエ5のモンスターやドクタースランプの模写とか小・中学生の時にしてクリアファイルに入れて自分の作品だと思って喜んでいた。 
同様のことを絵描くの好きな子供ならやるだろう。
何も見ないで解答を出さないといけない受験洗脳は模写→ズルいと勘違いしてしまう。

創作をする上でのマインドとして受験の功罪は大きい。 
・功→絵以外の様々な知識を体系的に簡単に学べる。
同様の内容を大人になって学ぶのは難しい 
・罪→一つの解答、偏差値など現実にあり得ない仮定、妄想、権威主義に落ちいる。
つまり思考停止に慣れる。
 学力も画力も全ての力は運用力が大事‼︎

小学校以前、絵が好きだった子が中高の受験と部活以後にみんな絵を描かなくなる。 
中高創作冬の時代は今後解決したい問題だと最近思った!!

絵が将来のためにならない。
勉強していい学校行っていい就職すれば将来幸せになるという仮定を強制された世代だけど大人に成ってこれらを完璧遂行してる同世代を見ていて将来になってあんまりうまく行っていない。 
時代の変化に対応できていない。 
小中高時代に何をすべきかって再定義がいると思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

どう稼ぐかよりもユーザーをどう喜ばせるか?

どう稼ぐかよりもまず先にやるべきはユーザーをどう喜ばせるか? ユーザーの立場になり欲しいサービス、絵を逆算することが商売の基本だと思います。 相手に圧倒的に得だと思わせるためにはどうすればいいか? あと宣伝も。 足りてないところに足りてるものを運ぶ。 その時に代わりに...