2018年3月14日水曜日

理想と現実の狭間でほとんどは悩む

理想と現実の狭間でほとんどは悩む
 理想はこういうクリエーター人生を送りたい…
しかし現実は全く違う。 
そもそも理想像が本当に自分の欲求に適合しているか疑うところからはじめよう。
最近一週間の自分のツイッター内容を振り返ってみよう。 
それは絵描きに見えるか?
まずはそういう自己認識から。

今時、描きたい(書きたい)モノをただアップしたものがそのまま他人のニーズに合致すれば仕事にもなる。

ただ上手い話ばかりはなくやりたいこととと地味な日々の仕事との関連性も重要。
僕ならあくまで塾生と向き合い無数の添削結果がありその先に本があった。 
あるいはさっきの放送で生のユーザーの声聞いて、そいつに物言いたい熱量やパッションじゃないとやっぱり本を作る意味ないわけで。

0 件のコメント:

コメントを投稿

速く描くために!!190205改訂版

速く描くために!!190205改訂版 ①長いストローク ②描き損じを減らす ③時間を測る この3点を実践することで早く描けるようになる。 ①長いストローク ⑴鉛筆を長く持ち、腕全体を使い、一本のストロークを長くする。 ⑵また全体を見るために姿勢を正...