2018年3月20日火曜日

早く描くコツ とプロの緊張感

早く描くコツ
上手い人の手元を見ると恐ろしく一発に近い形で描いてる。 
つまり曖昧に捏ねくり回してる時間が少ない。 
そうなるためには一線入魂‼︎ 次もう一回引けると思わない。 
ミスったら死ぬワケじゃないが緊張感持って描くクセつける。 
遅いと食えないアニメタはこの訓練に向いてる。

プロの仕事は実力40%ダウン ツイッターの落書きや好きに描いたイラストではいい感じでもいざ仕事になると実力の半分出せたらいい方じゃないだろうか? 
他人に合わせる能力がプロでは不可欠なので実力を発揮するのに数年は必要。 
逆に言えば現場で実際を見ると想像の倍くらい上手かったりする。

0 件のコメント:

コメントを投稿

どう稼ぐかよりもユーザーをどう喜ばせるか?

どう稼ぐかよりもまず先にやるべきはユーザーをどう喜ばせるか? ユーザーの立場になり欲しいサービス、絵を逆算することが商売の基本だと思います。 相手に圧倒的に得だと思わせるためにはどうすればいいか? あと宣伝も。 足りてないところに足りてるものを運ぶ。 その時に代わりに...