2018年3月14日水曜日

1人総受け予算総取り

今、アニメーター志望者ですがやるべきことは? 
と聞かれたら…
コンテ作画仕上げ編集音付けまで全セクションを1人で一度やって見てほしい。 
お金の管理を他人に任せると絶対に搾取される。 
自分でサイト作り「1人受注総受け予算総取り」が確実な賃金解決方法。

今時、簡単なアニメCMを作るとして例えば500万の予算があったとして代理店、メーカー、スタジオ、孫請けと分け分けしてる間に現場に落ちてくるのはせいぜい50〜100万くらい。
他の赤字作品の補填などしてしまうからだ。 
結果、発注側もロークオリティな納品不満に思い作り手も低賃金になる。

だから既存の業界が中間に入る限り、賃金問題は解決しない。
 チャイナマネーや未来のインドマネーが入ろうがこの構造は変わらない。

とにかく気の利いた15〜30秒作ろう‼︎
 企画力ない段階で数分、下手したら10分越えとかハッキリ言って見るに耐えない。
テレビアニメに再現なんかしちゃダメ。
 一点豪華主義。
 一瞬で終わるけど超凄いもっとみたいと思わせる。
 個人で短編アニメを受ける前提でそのサンプル作りをする。

大きな業界は変えられなくとも小さな自分のやりようはいくらでも変えられる。 
ツイッターで宣伝、YouTubeで公開、クラウドファンドで資金集め。 
とりあえず作り手に有利な条件は揃ってる。 
あとは文化レベルにまで流れを当たり前化するだけだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

プロとして生き残るために

絵を描くにも表現活動するにも「お金」は一定の行動や時間の「自由」を得るために不可欠。 「現場にお金を流してなるものか!!」という強い意志すらアニメ業界はじめ、最近の教師勤務時間のニュースに感じる。 予算どうこうではなく、行動の自由を奪うというところにブラック化の狙いがある。 ...