2018年4月7日土曜日

◯プロとアマの差

◯プロとアマの差 ネット村見てると本当にわからない。極めて曖昧。 センスの差、熟練度‥そういうのも曖昧。 一つだけ言えるのは‥ 「徹底してるかどうか」 徹底して美少女、徹底して調べる、徹底して練習、徹底してマネ‥ 大事な時間を賭して徹底してピンポイントで研鑽してる人が多い気がする。

良いもの持ってる素人さんは沢山いる。 そこから先は実は掛け金の問題。 つまり覚悟の量。 下手なプロだってゴマンといる。 しかし覚悟の量でいつしか上手い素人のセンスを上回る魅力でマネタイズして行ってる。 絵にどれだけ人生時間を賭けられるか=向き不向きかもしれない。

金は無くともスマホだけ豪華!とか。 今時スマホは一眼レフ並みの単焦点風撮影までできるからスマホだけは最新とか。 徹底してやるヤツは自分なりの法則に従順で周りに流されない。 だから一般人には変に見えるし、変わり者扱いされる。 そうじゃなくて本当の意味で自分を大事にしてる。

やりたいことが明確。 確固たる意見がある。 我も強い。 だけど最終目的のためには柔軟。 趣味みたいなモノを仕事にしようとした時に一番必要なモノ最終的にブレない個かもしれない。 まわりに流され続ける人はある時は良くてある時には悪くなる。 自分の尺度で良し悪しはかれるのが最終的に大事。

20代アニメーター時代はただひたすらエゴイスティックに自分が上手くなることだけ選んでやった。 絵描きは絵が勝負。 それ以外判断されない。 画力カーストを盲信し、周りをかえりみず、ひたすら上手くなることだけ考えた。 今になればアレコレ言えるがあの時はあれでベターだったと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

どう稼ぐかよりもユーザーをどう喜ばせるか?

どう稼ぐかよりもまず先にやるべきはユーザーをどう喜ばせるか? ユーザーの立場になり欲しいサービス、絵を逆算することが商売の基本だと思います。 相手に圧倒的に得だと思わせるためにはどうすればいいか? あと宣伝も。 足りてないところに足りてるものを運ぶ。 その時に代わりに...