2018年4月17日火曜日

アニメ私塾の無料ノウハウ

アニメ私塾の無料ノウハウは評価経済的な有意性が高いから。 有料会員のみ見れますよってサービスはそもそもにして本体の知名度が低ければ誰も見ないので今時でない。 むしろ、アニメ私塾本体との距離によりマネタイズを考えてるので一番わかりやすい情報はネットで十分勉強になります。

アニメ私塾生は距離が近い。 月3回添削、そのうち一回はネット又はオフで直接話しながら添削。 ネット村は参加者同士の交流。 明確な添削サービスはないが室井に来た質問はほとんど答えている。 ツイッターの質問は面白いかどうかだけでリアクションしてます。

名前が匿名で活動が不明瞭な方の質問はこちらも返答義務はありません。 相手に何かを求めるのに自分は何を差し出すのか?逆の立場から考えてみましょう。 相手が塾生でもネット村でもないけど絡むとしたら面白い活動という何かを差し出してるからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

どう稼ぐかよりもユーザーをどう喜ばせるか?

どう稼ぐかよりもまず先にやるべきはユーザーをどう喜ばせるか? ユーザーの立場になり欲しいサービス、絵を逆算することが商売の基本だと思います。 相手に圧倒的に得だと思わせるためにはどうすればいいか? あと宣伝も。 足りてないところに足りてるものを運ぶ。 その時に代わりに...