2018年4月17日火曜日

ただ描いたことないだけ…

◯ただ描いたことないだけ… 頭の性能が悪いから描けないんじゃない。 才能がないから描けないのでもない。 描いたことないから描けない。 単純に数の問題。 サラサラと描ける人はただそれを描いたことあるだけ。 描けないものを放っておかずに… 「上手い絵を選んで描く経験を積む」才能はある。

もっと言えばそこらの人が気にもとめない絵を… 「これ上手いなあ…自分も描きたい」と思って人知れず何度も描いて気づいたら描けるようになっている感度こそが才能かも知れない。 表層の上手さだけに憧れても意味がない。 上手い人はとにかく「感度」が半端ない。 一枚の絵に対して何倍も感動している

感動に基づいた絵でないと上手くならない。 感動=脳みそが活性化しフル回転でいろんな妄想込みで絵になって行く。 気持ち萎え萎えで描いてると上手くならない。 例えばいきなりリアルなデッサンで気持ち萎え萎えの人はとりあえずお得意の美少女、美青年でも描いていた方がいい。

すなわち上達とは感動を拡張することでもある。 つまり路傍の石だって感動してかっこよく描けるようになってしまう感度。 それはいろんな表現を学んで行くうちに獲得して行くもの。 感動さえも実は獲得するものだ。 つまり才能とは獲得して行くもの。

0 件のコメント:

コメントを投稿

プロとして生き残るために

絵を描くにも表現活動するにも「お金」は一定の行動や時間の「自由」を得るために不可欠。 「現場にお金を流してなるものか!!」という強い意志すらアニメ業界はじめ、最近の教師勤務時間のニュースに感じる。 予算どうこうではなく、行動の自由を奪うというところにブラック化の狙いがある。 ...