2018年4月17日火曜日

◯完全オリジナルで面白い作品なんてない⁉︎

◯完全オリジナルで面白い作品なんてない⁉︎ 宮崎さんの出発点や大塚康生さんの作画汗まみれを読めばわかるがあの世代の巨匠たちは若かりし頃、良い原作を探してアニメ化を考えていた。 しかし原作者がオーケー出さないからそれら企画のイメージをオリジナルとして出さざるおえなかった‥

アニメーターはアニメーションのプロだが企画脚本をやったことなければ当然素人。 漫画だって初めて描けば絵の上手い素人の漫画にしかならない。 アニメーションが上手いと周りは万能感をその天才に抱くがはじめて取り組むことは当然ながらどんなことも素人になる。

自主制作アニメを学生時代にやってる時にふと疑問を覚えた。 「みんなオリジナルをやろうとする‥」 商業アニメのほとんどは原作付きだ。 しかしみんなゼロベースでやる時になぜオリジナリティに拘るんだろうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿

「普通」「常識」のワナ

こんだけ長ツイートしててあんまり「普通」「常識」を肯定的につかった試しはないかも。 自然と言葉にしてる人、頭に浮かべてしまう人は思考停止なので注意。 普通と常識を疑うことにこそ革新のタネがある。 「統計的に言って」も子賢いバカの常套句。 統計結果があり結論を導き出すのではなく...