2018年4月17日火曜日

◯完全オリジナルで面白い作品なんてない⁉︎

◯完全オリジナルで面白い作品なんてない⁉︎ 宮崎さんの出発点や大塚康生さんの作画汗まみれを読めばわかるがあの世代の巨匠たちは若かりし頃、良い原作を探してアニメ化を考えていた。 しかし原作者がオーケー出さないからそれら企画のイメージをオリジナルとして出さざるおえなかった‥

アニメーターはアニメーションのプロだが企画脚本をやったことなければ当然素人。 漫画だって初めて描けば絵の上手い素人の漫画にしかならない。 アニメーションが上手いと周りは万能感をその天才に抱くがはじめて取り組むことは当然ながらどんなことも素人になる。

自主制作アニメを学生時代にやってる時にふと疑問を覚えた。 「みんなオリジナルをやろうとする‥」 商業アニメのほとんどは原作付きだ。 しかしみんなゼロベースでやる時になぜオリジナリティに拘るんだろうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿

◯自己満足の先の先にプロがある

◯自己満足の先の先にプロがある ⑴自分で満足できる(趣味レベル) ⑵それでついつい近くの他人に見せたくなり ⑶より多くの人を喜ばせたい、またはそうできる(セミプロ) ⑷⑴〜⑶の結果、その技術的希少性からプロになり金銭的な対価を得る。 このようにまず⑴の段階で十分絵...