2018年4月20日金曜日

「わかる」ためのアプローチ

◯とりあえず横顔を探そう!!※初心者コース課題へのアドバイス…
正面や斜め顔だけから横顔を描くのは相当な難易度ウルトラCクラスの難しさがあります。
もしも横顔が苦手、描けないとしたらそれは当然です。
わからないものは描けません。
だからまず描く前に「わかる」ためのアプローチが必要。
じつはそれさえも熟練者は長けています。
つまり自分がわからない自覚が速攻であり、すぐに調べる。
みなさんでしたらまず身近に過去のアニメ私塾の添削が無数に調べられるのでまず見るだけ見る。
それで何度も出てくる注意点はおそらく死守すべきポイントだろうからそれくらいは守る。
「自分の描きたいキャラの横顔を見つけられませんでした」と言う人…
実は横顔なんて何パターンもありません。
美少女、美青年、名作路線、リアル…せいぜいそのどれかかその組み合わせ。
類似キャラでおそらく7、8割はトレースできます。
これも細部を見ずに全体の構造を見ればわかります。
…ということさえも実は成長するポイントなので類似キャラを探すというアプローチを一つおぼえてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

◯自己満足の先の先にプロがある

◯自己満足の先の先にプロがある ⑴自分で満足できる(趣味レベル) ⑵それでついつい近くの他人に見せたくなり ⑶より多くの人を喜ばせたい、またはそうできる(セミプロ) ⑷⑴〜⑶の結果、その技術的希少性からプロになり金銭的な対価を得る。 このようにまず⑴の段階で十分絵...