2018年4月17日火曜日

技術は知識に限定される

◯技術は知識に限定される アニメスタジオは島宇宙の感がある。 つまりスタジオの系譜上で技術体系が決まっている。 起源で言えば東映、虫プロ、タツノコとか。 同じ島宇宙にいればその世界での最高を超えることは絶対にない。 他の島宇宙を知っていることはすごい武器になる。

こっちの先輩はこういう描き方。 あっちの先輩はああいう描き方してたなあ…。 その島宇宙のトップにそれがあれば各々が正解だろう。 自分の中の正解はその中で一番いいなあと思ういいとこ取り。 どんなに有名らしくても自分にフィットしないものはしかたない。 強く感動したものに従ったほうがいい。

絵の現場では結局画力でしか力関係が言えないので… 「他の先輩はこう言ってました!!」と言っても無意味。 自分が相手より上手ければ相手も黙らざるを得なくなるわけで。 自分が相手より下手なら、もっといい理想を知っていても従わざるを得ない。

だけど今は出来ないかも知れないけど高い理想を知っているのはすごい武器になる。 理想を前提に伸びしろを設定できるからだ。 一箇所の1パターンしか知らなければそれ以上にならない。 本当にそこの差は経験を積めば積むほど差が歴然となる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

「普通」「常識」のワナ

こんだけ長ツイートしててあんまり「普通」「常識」を肯定的につかった試しはないかも。 自然と言葉にしてる人、頭に浮かべてしまう人は思考停止なので注意。 普通と常識を疑うことにこそ革新のタネがある。 「統計的に言って」も子賢いバカの常套句。 統計結果があり結論を導き出すのではなく...