2018年4月17日火曜日

シンプルに立っているだけで凄まじく難しい…

◯シンプルに立っているだけで凄まじく難しい… ⑴全身の基本比率、手足の長さ ⑵全身のソリと重心 ⑶手足の微妙な立体 ⑷首の付け根、斜めに首はついている ⑸足元接地面の空間 ⑹耳の向き ⑺全身の正中線の統一感… 難しいポイント満載。 さらに腰に手を当てた瞬間難易度倍増!

腕を少し上げただけで肩が連動して一緒に上がり、首と肩の隙間が途端に無くなります。 これは本当にみんな描けない。 これが次に躍動感のあるポーズの布石になるポイント。

美味しんぼのご飯と味噌汁が一番難しいみたいなそんな話です。 立ちポーズ一つで過去のデッサン量や空間把握力まで顕著に出るので誤魔化しがきかない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

プロとして生き残るために

絵を描くにも表現活動するにも「お金」は一定の行動や時間の「自由」を得るために不可欠。 「現場にお金を流してなるものか!!」という強い意志すらアニメ業界はじめ、最近の教師勤務時間のニュースに感じる。 予算どうこうではなく、行動の自由を奪うというところにブラック化の狙いがある。 ...