2018年4月7日土曜日

巨匠ほど柔軟

巨匠ほど気さく? 巨匠は実際に会うと案外普通でむしろ人懐っこくさえある。 だから巨匠になったともいえる。 ハードルが高く、受け入れ難い雰囲気を持っていたら周囲の機微に対応できずに他者の良いところを吸収できずに終わっていく。 巨匠ほど臨機応変、周囲をうまく使う。そのために平時は気さく

威厳があって、近寄り難いのはむしろ微妙なベテランさん。 そうしないと自分を保てないほどに実のところ自信がないのだ。 同様に頑なな若い子。 そんな子達は巨匠以上に威厳たっぷりで近寄り難い。 そうしてると自分にとって、良い人も良い情報も良い技術も入ってこない。

「君臨してるとスペアを手に入れられなくなる…」
↑富野さんの一言。
https://youtu.be/vDcxlzSlE18?t=39m10s
学生時代のあるコンペのレセプションで富野さんと同席させいただいたときに「あれでいいのよ…」とお声がけいただいたとき驚いた。
ステージ上の一瞬の紹介だけで自主制作とその作り手の顔を覚えていた

↑動画は7スタの様子です。ここでセイクリッドセブンとか諸々で2、3年席を置いてました。
ちなみにその時は富野さんの席はありませんでした。
基本ガンダムはユニコーンなど1スタなので。
富野さんに次にお会いしたのがGレコ準備中。
演出、作画のお誘いがあったので一応様子見で行ったら、いらっしゃいました。
快活に設定を話されていてすごいイキイキとされていて、高圧的な雰囲気は一切なかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

◯自己満足の先の先にプロがある

◯自己満足の先の先にプロがある ⑴自分で満足できる(趣味レベル) ⑵それでついつい近くの他人に見せたくなり ⑶より多くの人を喜ばせたい、またはそうできる(セミプロ) ⑷⑴〜⑶の結果、その技術的希少性からプロになり金銭的な対価を得る。 このようにまず⑴の段階で十分絵...