2018年4月7日土曜日

「やりがい搾取」の違和感‥

アニメ業界「やりがい搾取」の違和感‥ 個人的感想ですがやりがいはアマチュアアニメ時代程なく、搾取は5年目くらいまで妥当に感じ、以降辞める頃にやや不満に感じた程度‥。 このように業界経験者が100人いれば100通りの意見がある。しかし多くの人がそういうならそうらしい‥としか言えない。
子供を作ると平均3000万円の出費増になります!という統計がいかにもアホであるように個人の受け取り方は千差万別。 普通とはかくも曖昧。 やりがい搾取という言葉を聞くと本当にやりがいを感じてるのか?幻想じゃないのか?と思わないのだろうか? 僕は他人の作品にそこまでのやりがいを見出せなかった
この作品に参加出来ました喜びはせいぜい2、3割。 それ以上に自分が上手くなった。 世の中にはこういう上手いヤツがいて面白いという満足度が7、8割。 世の中の面白い作品で言えばカリ城あるしなぁ。ミニオンズも面白いし。そういうのに比べたら、大した仕事は出来なかったです。

アニメ私塾の方が何倍もやりがい感じる。直接ユーザーに絵を上げるわけだし塾生の喜びの声や内外の反応もダイレクトに自分にくる。上手く行っても失敗しても全部自分のせい。 アニメ業界は自分じゃなくても他にもたくさん代わりはいる。 人気があれば原作、声優のおかげで自分が寄与できるのは一、二割

やりがいはかなり主観事項なので本当にやってみないとわからない。 やってる間にどのくらいやりがいを感じて感じないかは人による。 欲求するポイントがみんな違うから。

声優さんとオーディオコメンタリーやったときになぜか「この子達に負けてる!」となぜか悔しがってたw 多分、欲求が純粋な職人、絵描きではなかったんだろうね。 マトモな絵描きでは自撮りポーズをなかなか公開出来ないw

こういうツイートするとやりがい搾取に反対なのか、賛成なのか?という右派左派分けをしたがるのがそもそもの思考停止ですよというツイートです。 やりがいは然程ありませんでした。 しかし搾取されないように交渉してあくまで仕事としてアニメをやってました。 そういう人もいるってことです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

プロとして生き残るために

絵を描くにも表現活動するにも「お金」は一定の行動や時間の「自由」を得るために不可欠。 「現場にお金を流してなるものか!!」という強い意志すらアニメ業界はじめ、最近の教師勤務時間のニュースに感じる。 予算どうこうではなく、行動の自由を奪うというところにブラック化の狙いがある。 ...