2018年4月17日火曜日

オリジナル幻想と過当競争

・オリジナル幻想 ・自分で考えついたことが尊い幻想‥ ここら辺からいち早く脱却してる人は本当に柔軟で強い。 誰一人としてゼロから考えたことなんてない。 思考は言葉と慣習に左右される。だから環境の影響でしかない。 だから色んな考えを吸収して思考を「取捨選択」してるヤツに敵わない‼︎

例えば漫画家になりたいという概念は漫画家発生以前には存在せず、少なくともとも手塚治虫以前にはメジャーな職ではななかった。 しかし一部のマスコミ等でお金持ちイメージがつけばそれは立派な目指すべき職となる。 しかし悲しいかな目指したその瞬間には過去系の職業かもしれない。

みんなが目指した瞬間からレッドオーシャンとなる。 子供時代のサッカーのように球に群がる不毛な過当競争になる。 まだ言葉にすらない、ワケの分からん職にこそ一番のチャンスがある。 宮崎さん高畑さんだってアニメーターなんて名前すらない時代からやってるわけで。

アニメを田舎の祖父母まで言いはじめたらとりあえず、その世界で勝ち目はないといえる。 マイナーな存在からメジャーになり大衆化され、消費され、存在価値が陳腐化していく。 コレはあらゆるメディアで同様のことが起きている。 今のように素人レベルまで絵が上手い時代はない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

どう稼ぐかよりもユーザーをどう喜ばせるか?

どう稼ぐかよりもまず先にやるべきはユーザーをどう喜ばせるか? ユーザーの立場になり欲しいサービス、絵を逆算することが商売の基本だと思います。 相手に圧倒的に得だと思わせるためにはどうすればいいか? あと宣伝も。 足りてないところに足りてるものを運ぶ。 その時に代わりに...