2018年2月26日月曜日

◯他人を味方につける方法

◯他人を味方につける方法※アニメ私塾ネット村内共有
こういうコミュなので…
「私は絵で食っていけるのかしら?」
と内心思いながらも共有してる人の絵に圧倒されている間に半年がすぎたという人も少なくないことでしょう。
そんな時は素直に他人を頼ってみまょう。
このコミュにはアニメーター、漫画、イラスト、3D…など本職の人が揃っているので何らかの実りはあるはずです。

その時のポイント。
・正直に今の状態をプライベート的に可能な範囲で書く
・絵も載せる

他人に迷惑を変えるんじゃないだろうか?
と心配する人も多いことでしょう。
しかし相手に頼ることは度を超えて無いければ相手の「自尊心をくすぐる」高等テクでもあります。
もしも自分が誰かに頼られたら?
ちょっと嬉しくないですか?
その時の相手のことを考えてみましょう。
相手が…
・素直じゃない
・絵がないけど口先だけでは絵で食いたい
・無駄にプライドが高い
・ただの構ってちゃんの何も調べずに質問魔
…だったら協力したくなくなるでしょ。
誰かを味方につけるためにはそれなりに覚悟がいります。
だからこそ怖がって共有できなくなるのかもしれませんが自分一人でこの世界を切り開くには時間が少なすぎます。
自分の外部化、他人との共有、集合知なしに絵で食っていくことは今後おそらく困難でしょう。
そんな時にはとりあえず正直に境遇を語り、他人の意見に耳を傾けてみましょう。
自分が思ったよりも下手じゃないかもしれない、逆に実力不足なのに無謀な挑戦をしているかもしれないです。
なんせ自分のことなのに「自分」って結構わかんないですよ。
客観的な第三者意見を持ってはじめて自分ってこんなものかと定義できます。
自分が絵描きにならないことでどこかで困っている絵描き探してる人がいるかもしれません。
それが思い上がりかどうかは聞いてみないとわかりません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

プロとして生き残るために

絵を描くにも表現活動するにも「お金」は一定の行動や時間の「自由」を得るために不可欠。 「現場にお金を流してなるものか!!」という強い意志すらアニメ業界はじめ、最近の教師勤務時間のニュースに感じる。 予算どうこうではなく、行動の自由を奪うというところにブラック化の狙いがある。 ...