2018年2月12日月曜日

アニメ私塾→アニメーターという簡単なコース

アニメ私塾→アニメーターという簡単なコースで言えば… 
1、過去の添削結果を見る 
2、課題をしっかり読んで提出する 
3、添削結果を元に復習する これを1年やるだけでアニメーターになれます。
 問題はそれをやりたいかどうか?のやる気の問題。 
やる気が出ないことを無理やりやっても意味ない
このルートを辿った塾生の異口同音が… 
「入社試験が笑えるくらい1年目課題だった」 
「もっとちゃんとやっていれば受かってたのに」 ま
たアニメーションコースまでやった人は… 
「これ、研修課題そのままですね」 
アニメーターになるだけなら特殊な個性は入り口で要りません。
やることは決まってます。
問題にしているのは誰がどこに入ったとか就職率とかではなくその塾生が最終的に楽しい絵描き人生を送れるの?
ということだけ。 
だから某有名スタジオに受かりました!!
という喜びの声に対しておめでとうとは言えません。 
とりあえずスタート地点に立ったということと今後一層に精進しようと言う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

「普通」「常識」のワナ

こんだけ長ツイートしててあんまり「普通」「常識」を肯定的につかった試しはないかも。 自然と言葉にしてる人、頭に浮かべてしまう人は思考停止なので注意。 普通と常識を疑うことにこそ革新のタネがある。 「統計的に言って」も子賢いバカの常套句。 統計結果があり結論を導き出すのではなく...