2018年2月13日火曜日

学校でも職場でもtwitterも気を使う…

◯学校、職場でも気を使い、twitterも気を使い…
結果、みんな自分の意見が何かわからなくなり、
自分の描きたいモノも曖昧になってしまっている。 
明瞭明快は絵を描く際の最良の心構えです。そして自分に正直に。 
ただツイートのどこかに誰かへの思いやりは最低限いるかもね。 
ただのディスリは品性下劣だけど…。

どこまで嘘をつけばいいのか? 
アニメ私塾はもっとマイルドなテイストでフォロワー増やしした方がいいんじゃないですか?と思う人もいるだろう。 
しかしそこから誤解して塾生になって実際会って全然違ったら詐欺じゃないですか? 
僕を知る人はまんま本人がつぶやいているように見えるらしい。

はじめた会った人は大概は少しtwitter口調よりも優しく見えるようです。 
twitter場で曖昧なこと言ってもわからんのでどっちかに振れた意見になりますね。 
ツイートの頭に毎回「どっちでもいいけど」って入れてられないでしょ。

誰も見てないものを面白がれ!! 
みんなが「面白い」って言う方を見て面白がるのは消費者。 
発信する側は誰も見てないけど誰も評価してないけど、全然モテそうにないけど
「これ面白い!!」って勝手に言ってる人。 
それで周りを徐々にその面白さに気づかせる人。
 勝手に面白がり、勝手に発信してる人

0 件のコメント:

コメントを投稿

プロとして生き残るために

絵を描くにも表現活動するにも「お金」は一定の行動や時間の「自由」を得るために不可欠。 「現場にお金を流してなるものか!!」という強い意志すらアニメ業界はじめ、最近の教師勤務時間のニュースに感じる。 予算どうこうではなく、行動の自由を奪うというところにブラック化の狙いがある。 ...