2018年2月12日月曜日

いつも同じ絵になっちゃう人へ

◯いつも同じ絵になっちゃう人へ
フレームに対してのキャラ面積比が同じだと似たり寄ったりの絵になります。 
抽象度の高い状態でまずサムネールで面積比を変えない限り同じ構造のディテール違いを複製していくことになります。
なので絵のバリエーションをつけたい場合はキャラの面積比を変えましょう

10分描き方手順 

⑴全体のフレーム縦横の四角を再現、四隅に対して大まかにキャラがいる場所を決める
 ⑵中身を分けるように切り取る、一箇所に固執せずに全体を少しずつ手を入れる 
⑶細部を描き込んでいる時も常に「全体の一本」を意識 
⑷見て楽しくなる程度に影つけなどして完成





















四方フレームに対して内部のシルエットを見るやり方で劇的に見映えが良くなった人が内外で続出してますね。 
ちょっとした意識の持ちようで本当に変わりますね。

コレはやり方が最速本にまんま描いてあるんですが本に書いてあることと実際に描いて見せて解説するのでは意味が違うみたいですね。 手順をまんま真似すれば急激に上手くなります。 手順から大分違うのでそこから見直さないと堂々巡りになります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

◯自己満足の先の先にプロがある

◯自己満足の先の先にプロがある ⑴自分で満足できる(趣味レベル) ⑵それでついつい近くの他人に見せたくなり ⑶より多くの人を喜ばせたい、またはそうできる(セミプロ) ⑷⑴〜⑶の結果、その技術的希少性からプロになり金銭的な対価を得る。 このようにまず⑴の段階で十分絵...