2018年8月1日水曜日

作品作りをしないと練習の目的を見失う

模写が一番早くに上手くなる‼︎ しかし模写だけでは実力はつかない。 実力=実践力は作品作りでしか身につかない。 また実物観察=デッサンをしないと臨機応変な応用力が付かない。 模写→デッサン→作品作り→模写…とループしないと本当の実力はつかない。

作品作りをしないと練習の目的を見失う。 漫然と上手くなりたいだけでは空を掴むようで動機が弱い。 ツイッター、コミケ、pixivランカー、将来はプロなどなんでいいけど作品作りが主で模写やデッサンはそのための素材に過ぎない。 好きかどうかに加えて行動の意味付けも続けるのに重要‼︎

下手になったような錯覚 不慣れな頃は技術に波があり、少し間があくと一気に下手になったような錯覚がある。 しかし実際には自分の見る目も同時に厳しくなってるために下手に思えてるだけかも。 半年前と今を比べてみよう。 絵の記録は今の自分の成長を自覚するのに大事。

0 件のコメント:

コメントを投稿

◯自己満足の先の先にプロがある

◯自己満足の先の先にプロがある ⑴自分で満足できる(趣味レベル) ⑵それでついつい近くの他人に見せたくなり ⑶より多くの人を喜ばせたい、またはそうできる(セミプロ) ⑷⑴〜⑶の結果、その技術的希少性からプロになり金銭的な対価を得る。 このようにまず⑴の段階で十分絵...