2018年8月1日水曜日

苦手要素を分ける。各個撃破練習法!!

模写、デッサンにもそのまま使える練習法 苦手要素を分ける。各個撃破練習法!! ・腕なしにする ・シルエットをひと塊りに ・単純な立体に変換… 作品作りも練習も同じ描き方をすべき。 練習の素振りと試合で別の行動をスポーツ選手はしない。 常に本番を可能な限り意識して練習している。

デッサンをオススメするタイミング アニメ、漫画などのデフォルメキャラが上手くなりたいという人が上手い人の模倣や自分描きを散々やってみて限界を感じた時がその時。 逆に言えばそれまでストイックなデッサンをれんしゅうしてはいけない。 写真から線を選ぶのに一苦労して形にできない。

デッサンをやりたかったら勝手にやればいい。 しかしデッサンをはじめにやらないと絵を描いてはいけないということはない。まず一番好きなジャンルの模倣がいい。 しかしそれだけでは限界がくる。 その時に実物の観察、抽出が突破口となる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

◯自己満足の先の先にプロがある

◯自己満足の先の先にプロがある ⑴自分で満足できる(趣味レベル) ⑵それでついつい近くの他人に見せたくなり ⑶より多くの人を喜ばせたい、またはそうできる(セミプロ) ⑷⑴〜⑶の結果、その技術的希少性からプロになり金銭的な対価を得る。 このようにまず⑴の段階で十分絵...