2018年8月1日水曜日

苦手要素を分ける。各個撃破練習法!!

模写、デッサンにもそのまま使える練習法 苦手要素を分ける。各個撃破練習法!! ・腕なしにする ・シルエットをひと塊りに ・単純な立体に変換… 作品作りも練習も同じ描き方をすべき。 練習の素振りと試合で別の行動をスポーツ選手はしない。 常に本番を可能な限り意識して練習している。

デッサンをオススメするタイミング アニメ、漫画などのデフォルメキャラが上手くなりたいという人が上手い人の模倣や自分描きを散々やってみて限界を感じた時がその時。 逆に言えばそれまでストイックなデッサンをれんしゅうしてはいけない。 写真から線を選ぶのに一苦労して形にできない。

デッサンをやりたかったら勝手にやればいい。 しかしデッサンをはじめにやらないと絵を描いてはいけないということはない。まず一番好きなジャンルの模倣がいい。 しかしそれだけでは限界がくる。 その時に実物の観察、抽出が突破口となる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

◯毎回一つのテーマを習得できることを目標に!!

◯毎回一つのテーマを習得できることを目標に!! ※塾ノウハウ共有 例えば初心者コースの今回の課題なら「制服」ですね。 そこに難しい動作やアングルを選ぶとテーマが分散します。 今回のテーマは制服です。 制服のポイントはどこか、どう見えるか? とりあえず画像検索をする、過...