2018年8月1日水曜日

特に初心者は描き方を頻繁に変えるべし

特に初心者は描き方を頻繁に変えるべし 何回下書きするか? どのくらいのスピードで描くか? など同じパターンで描くのはせいぜい1ヶ月くらい。 頻繁に描き方を変えて色んなやり方を試した方が上達に波を作れて上手くなりやすい。 ワンパターンでずっと描いても上手くならない。

ある程度数を描かないとその描き方の欠陥もわからない。 常に改良を加えられるんじゃないかと試行錯誤し、探す。 色んな人の描き方を見てみる。 良いと思ったら見よう見まねで描いてみる。 絵が上手くなるきっかけは今までにない描き方をするということ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

◯自己満足の先の先にプロがある

◯自己満足の先の先にプロがある ⑴自分で満足できる(趣味レベル) ⑵それでついつい近くの他人に見せたくなり ⑶より多くの人を喜ばせたい、またはそうできる(セミプロ) ⑷⑴〜⑶の結果、その技術的希少性からプロになり金銭的な対価を得る。 このようにまず⑴の段階で十分絵...