2014年9月22日月曜日

〈2点透視使い分け

〈2点透視使い分け〉
ジブリ系はあえて2点透視を無視して図のようにすることが多いです。
おもひでぽろぽろの絵コンテを見るとどうしても欲しい斜めのアングル以外はほぼ便宜上緩いパースを無視して描いてます。
なぜか?おそらく映像の見やすさのためです。リアルパースのようにしっかり2点透視をすると少し傾いた面が生まれ見てる人が画面の斜めさに目が行きお話に入れない、もしくは気持ち悪く感じるから。
簡単に言えば望遠ぽくしちゃてるとも言えます。この延長線上に実はサザエさんも入ってきます。
とにかく
広角→主観→歪み大→不安
望遠→客観→歪み小→安心
という流れは憶えておきましょう。

気になる方はおもひでの絵コンテとイノセンスのメソッドを見比べて見てください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

模写元ネタは何を選ぶべきか…

模写元ネタは何を選ぶべきか… アニメ系の絵なら… キャラ表、原画集、版権イラストなど>・・・>テレビ画面の絵… テレビ画面の絵は実は動画マンが描いてます。 元は作画監督の絵ですがそれを動画マンがなぞって崩れています。 なのでよほど動画まで気の配られている名作でない限りテ...