アニメーター志望ですが悩んでます!!

塾生、非塾生問わずよく聞く質問です。
厳しい言い方になりますが・・・
「悩むくらいならやめましょう!!」

これに尽きます。
おそらく多くのアニメーター志望者の方でなるかどうかを悩んでいる人は
・自分の適正
・将来の不安
この二点が主な理由かと思います。
なる前からこういう不安が先行している人は・・・
仮になっても不安は大きくなることはあっても小さくなることはありません。

無論どんな現役アニメーターだって同じ不安、悩みを持ってます。
しかし絵を描く喜ぶ、動かす楽しさが圧倒的に増していて、
この二点が本当に小さな悩みに感じるほどでなければなれても長続きはしません。

よく朝ドラの悪しき影響で
「親の反対を押し切って・・・」
自己実現というフレーズが頭にある人がいるかと思いますが
これは「大ウソ」ですのでお気をつけ下さい!!
自分のことをそれこそ子どもの頃から見ているのが親ですから、
適正についても誰よりも分かっていると思ってください。
素人の親くらい騙せない人が、アニメ会社の採用担当者を騙せるわけありませんよね。
理解がないようでしたら、説得できるだけの成果を出せるだけ上手くなってください。
不安定な職業ですので親御さんと不仲では成立しません。

今なら、ネットでいくらでもアニメーター志望者、新人メーター等いくらでもライバルが見つかるはずですのでそういう人たちと見比べてみて自己判断はいくらでも出来ます。
所属する学校の中でも比べられます。
先日、アニメ私塾で忘年会がありましたが、そこで某制作PDがある塾生のポートフォリオを見て
「即原画で使いたいくらい」だと言ってましたが
そういう人はなってみてもいいと思います。

つまり・・・
自他ともに認めるアニメーター
であるかどうか見定めてからで、なるのは十分です。
まわりの評価を冷静に真っ向から受け止めてください。
就活もこの一種と受け止めてご縁がなかった場合はとっとと諦めてしまうのも手です。

ではどんな人がアニメーターになって長続きしているか・・・
あなたが誰でも出来ると思ってやっているバイトさえも出来ないくらい絵しか取り柄がない人!!

よくアニメーター志望者はプロの人はすごい人、
なれない自分はダメな人と100かゼロかで考えてしまいます。
しかし、実際業界で活躍している人の多くは本当に
アニメしかできません。
多才な人もいますがそういう人は3Dやゲーム、講師、監督などのアニメの能力を活かす他のモノに流れていきます。つまり純粋なアニメーターではなくなります。

アニメーターにはすごい人っというより
「それ以外に選択肢がなかった」人がなります。
ですのでとても真っ当に社会性のある志望者と話をする際は
「普通に生きられるならそうした方がいいよ!!」と諭します。

以下アニメーター向き不向き一覧表です。参考にどうぞ。
【不向き】
・バイト、学業が忙しくて絵の練習する暇がない
・有名なアニメ会社に入りたい(アニメーター名はよく知らない)
・社会保障、雇用条件等がまず気になる
・新作アニメのチェックは欠かさない
【向き】
・具体的に好きなアニメーターがいてその人のような絵、動きを描けるようになりたい
・絵以外のことをなるべくしたくない
・好きなアニメを台詞を言えるほど何回も見た










コメント

  1. 半分半分なんですが…

    時間はあります。
    アニメーターはあまり知りません。
    雇用条件はそこそこきになります。
    新作アニメはチェックしません。

    好きなアニメーターはいません。
    好きな会社はありますが
    絵以外のことはしたくないです。
    好きなアニメは何回も見ます。
    マジでセリフ丸暗記のレベルです。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

目の描き方まとめ!!

アニメ私塾おすすめ動画まとめ170411再編

◯絵が上手くならない理由