2018年6月5日火曜日

他人は自分の意図をわかってくれない…

◯他人は自分の意図をわかってくれない… だからこそ絵を学び練習する。 模写する意味は先人の上手い形を模倣し、他人に伝えたい内容をわかりやすい記号に変換するため。 デッサンする意味は誰もがそれとわかる実物という共通認識を再確認するため。 上手下手以前に分かる分からない問題がある。

◯自分ツッコミの大事さ!! 「わかんねーよ」「下手くそ」というのと。 「上手いじゃん」「よく感じ出てる」…という第三者から見た感想をなるべく自分の絵に心の中で呟く。 厳しい自分と甘い自分。 自尊と自虐。 不安と期待。 両方大事でその間の中間くらいに恐らくは実像の自分がいる。

◯99%の人は表層しか見てくれない… それが一般評価になる。 しかし1%の本当の意図までわかってくれる人がいる。 そういう人の評価に最も手応えを感じる。 安易な一般評価を見て自分の行動全てを決めはじめると「縮小再生産」になるので注意!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

プロとして生き残るために

絵を描くにも表現活動するにも「お金」は一定の行動や時間の「自由」を得るために不可欠。 「現場にお金を流してなるものか!!」という強い意志すらアニメ業界はじめ、最近の教師勤務時間のニュースに感じる。 予算どうこうではなく、行動の自由を奪うというところにブラック化の狙いがある。 ...