2018年6月5日火曜日

苦手な事を我慢して続けて上手く行くほど世の中甘くない

楽しい範囲で練習して仕事する。 僕は必ずこれらをモットーにやってる。 つまり詰まらなくなったらやらない。 または面白くなるようにズラす。 仕事のオファーの基準もこれ。 根本的つまらないことは絶対に上手くいかない。 技術不足で楽しめない場合もあるから楽しめるのを待つこともある。

学校の勉強か部活のせいか知らないけど『我慢すれば何とかなる』思い込みで明らかに楽しくなさそうな練習をムリしてやってる人がいる。 これは時間対効果が極めて低い。 コスパが悪い。 真面目が美徳は間違っている。 もっと自分の本心に真面目に向き合った方がいい。 絵は本心がそのまま出るからだ。

世の中はつまらない事、苦手な事を我慢して続けて上手く行くほど甘くない! 裏を返せば楽しいこと、興味あることの先でしか絶対に上手くならない、上手くいかない。

自分の活動フィールドはどこか? ⑴大好き興味シンシン得意なこと ⑵⑴ほどでないがやってみたいこと ⑶やりたくない、不得意なこと 今上手く行っていない人はいきなり⑶をやってしまっている。 まず大好きジャンルを好きなだけ描こう‼︎ それに飽きたら徐々に興味の範囲内で拡張して行こう‼︎

本当に普通の当たり前の話なんだけどみんな社会通念や思い込みに左右されて普通にやりたいことさえ出来なくなってる人が多い。 元の自分を取り戻すためにも絵を学ぶことはとても良い。



0 件のコメント:

コメントを投稿

プロとして生き残るために

絵を描くにも表現活動するにも「お金」は一定の行動や時間の「自由」を得るために不可欠。 「現場にお金を流してなるものか!!」という強い意志すらアニメ業界はじめ、最近の教師勤務時間のニュースに感じる。 予算どうこうではなく、行動の自由を奪うというところにブラック化の狙いがある。 ...