2014年11月3日月曜日

「馬鹿」と「思考」の使い分けについて!!

「効率」を考えたとき人は恐ろしく「馬鹿」になります。
これを忘れてはいきません。


なので作画監督作業など効率を優先する場合は敢えて「馬鹿」に脳みそをします。
この場合思考力は下がりますが「体」に叩き込むことも出来るんですね。


これまた難しいですが、なんでもうんうん唸って手が動かないものダメなんですね。
敢えて「馬鹿」を受け入れる瞬間も大事。


しかしそれは必ず「自覚」しているという事が重要です。
自覚していれば、思考と馬鹿を上手く使い分けが出来て行きます。


繰り返しますが重要なのは「自覚」と「コントロール」です。
「馬鹿」も「考え過ぎ」もどっちもダメです
。

1 件のコメント:

  1. 効率論っていうのはきっと何にでも言えて。
    今日は打ち上げだけどノルマ達成出来てないから行けない・・・とかアニメーターあるあるネタですがこれはいけません。「忙しい」を理由の出不精は「馬鹿」を受け入れている事でもあります。日頃デスクワークだからこそイベントは可能な限り参加しましょう

    返信削除

【一般ユーザー向けお知らせ】180714

【一般ユーザー向けお知らせ】180714 ◎18年度10月スタート『10歳からのジュニア&超初心者コース』※以下ジュニアコース 塾生募集フォーム(〆切9/2夜10時) https://goo.gl/forms/SbEfJhFEO5xXWqoq2 ◉18年8月アニメ私...