練習のための練習にならないために‼︎

【ある塾生へのコメント】
立方体を重ねる時にちゃんと対角線の整合性も合わせましょう。
あと立方体を身近なもので作ってみたりしてそれも見ながら描いたりしてみて下さい。
これは、他の熱心な塾生にも言えますがこれだけやればいいはないです。
その段階で思考停止です。
模写→描き方のマネ。
実写→現実のマネ。
見ないで描く→上記二つの確認+理屈で肉つけ。
また模写、実写も最終的には何も見ないで描くための準備でしかないわけであって段々練習のための練習になって悦に入ってる人がいます。
そういう練習方法を繰り返して行くと練習をした割に自分の中に何も残っていないような錯覚に陥りやる気が反転して無気力になる場合がありますが、それは思考停止のツケが回ってきたようなモノとも言えます。
前の誰かにもいいましたが最終目標を前提に高いイメージを持って描かないと時間、量程の効果はありません。
今回なら本当に空間立体を掴むための練習をしてますか?
苦手部分はそのままに数に逃げてませんか?
面倒ですが急がば回れ‼︎必ず描いてるモノが何か自覚して描くことを忘れずに。立方体の説明などこの前のネット添削でしてるので再度復習してみましょう‼︎

コメント

このブログの人気の投稿

目の描き方まとめ!!

アニメ私塾おすすめ動画まとめ170411再編

◯絵が上手くならない理由