椅子と人描き方まとめ!!

◎なぜ「空間に人をのせる」がアニメで必要か?!
・手癖に頼らず理屈で様々な角度を描く必要があるから
・そうすればいくらでも自由に設定空間内で自由にキャラを動かせる
・ここが漫画、イラストとアニメーションを分けるポイント!!

◎課題◯14年度1年目課題<椅子と人>
◎図のA君が各週の条件から見た座っている状態を各3体ずつ描きなさい。
・1週目ー腰の高さから見た正面、横、斜め前
・2週目ー頭の高さから見た正面、横、斜め前
・3週目ーひざの高さから見た正面、横、斜め前
・4週目ー自由設定(どこから見ているか説明文を添えること)
添削例↓
http://twilog.org/animesijyuku/search?word=椅子と人%20添削&ao=a

◎手順
1、空間をしっかり作る(アイレベル、2または3点消失点)
2、そこに立方体(箱)を描く
3、課題の比率を守り、箱をベースに人体のポイント足裏、腰、胴、頭、手など描き込む
4、間をつなげると完成

◎とりあえず椅子の描き方検証↓
<仮説>撮影距離による見え方の違い!!
撮影距離と写真の歪みの関係を計算で出せないかやって見ました。
興味のある方個々人で検証お願いします。



◎ある塾生から立方体の面の見え方の計算方法がわからないという質問が、あったので考察してみました。



コメント

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

目の描き方まとめ!!

◯絵が上手くならない理由

◉アニメ私塾おすすめ動画まとめ170411再編