2015年8月4日火曜日

アニメーターの最低条件

Q、プロの仕事しながら、絵の上達をするにはどうしたらいいですか?
仕事外の練習方法など。

 A、新人動画の時は1日30分デッサンなど仕事外練習してましたが原画やり始めてやらなくなりました。
 仕事の仕方を工夫してなるべく原画の仕事の中でうまくなる方法を考えました。 

◯仕事(原画、作画監督)しながら上手くなる方法 
・必ず何かを見ながら描く(上手いアニメ、実写、自分演技など) 
・毎回仕事のスタンスを変える(スピード重視、質重視など) 
◯仕事しながら上手くならない理由 
・何も見ずに手癖、慣れで描く 
・毎回仕事のスタンスが同じ 逆の関係ですね。

アニメーターを仕事にする条件 「正確に描く」(できれば早く) 仕事をしながらの上達に一番関係しているポイントがここ。 
正しく見て、正しく描く!! 
これが出来ないと先人の技術習得もアニメーションもできません。 
これさえできれば学校行かなくても現場入ってからで何とかなります

それじゃどの程度に「正確」に描ければいいの? 
と言えば素人が「上手いねえ」と言ってくれるのが最低条件じゃないですかね。
むしろその程度でなれるのがアニメーターです。 
どうにも正確に模写出来ない人はエフェクトや動きがめちゃくちゃ上手いとかでない限りやめたほうがいいです。

ある一定水準に満たさなくても「なる」にはなれます。 
しかし正確に見て、正確に描くことが出来なければ・・・ 
「おうちで練習」のほうがマシになってしまいます。
 仕事しながら上手くならないからです。 
なのでに「正確に描く」をあげてます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

【一般ユーザー向けお知らせ】180714

【一般ユーザー向けお知らせ】180714 ◎18年度10月スタート『10歳からのジュニア&超初心者コース』※以下ジュニアコース 塾生募集フォーム(〆切9/2夜10時) https://goo.gl/forms/SbEfJhFEO5xXWqoq2 ◉18年8月アニメ私...