妄想癖に苦しむあなたへ

悲観的な妄想で他人との接点や距離感をはかるのが難しい方へ幾つかアドバイス・・・
1、自分を他人に晒す訓練をする
2、嫌われてもいいと思う
3、他人はそんなに自分のことを気にしていない
4、嫌われたくないなら好き好きオーラを相手に出す。
5、妄想は創作の原点


1、『自分を他人に晒す訓練をする』
他人との関係性を作る体験が少ないと妄想で補うことになる。
特に頭のいい人は。
沢山の他人にあえて自分を晒すことで妄想量を減らす。

2、『嫌われてもいいと思う』
嫌うという行為は自分50%、他人50%の原因がある。
つまり自分が100%悪いなんてない。
もし嫌われたら「そんなことで嫌うなんてなんて器量が小さいんだ!!」と相手のことを思ってやりましょう。気が少し楽になります。

3、『他人はそんなに自分のことを気にしていない 』
誰もが妄想癖の要素を濃度の差こそあれ内包してます。
つまりみんな自分のことで一杯一杯。
だから他人を嫌うような体力がいることを実はそんなにしません。
また嫌うという行為は好きの裏返しで執着の対象ということです。無視より全然嫌われる方が嬉しいとさえ考えましょう。(アンチ対策の考え方)

4、『嫌われたくないなら好き好きオーラを相手に出す』
攻めこそ最大の防御!!
自分のことを好きでいてくれる人を嫌えますか?
自分のこと好きな人は自分も好感を持つでしょ!!
つまり自分の心次第で簡単に外界は見え方が変わります。
そんな脆弱な世界なんですよ。世の中は・・・。
テレビエヴァ26話みたいな。


5、『妄想は創作の原点』
あとなにより妄想は創作の原点。
妄想は自分を悩ます苦しみであると同時に創作の源になる喜びだと思ってください。
つまり妄想癖そのものも悲観しすぎないようにしましょう。

以上心の持ちようも実は絵の練習方法と同じで意識しないと悪い方に流れてしまいます。
そうすると心のストレスになるので心が健全で入れるような対策が必要です。
悲観も楽観もなく物事を正しくみる訓練をしていきましょう

コメント

このブログの人気の投稿

目の描き方まとめ!!

◯絵が上手くならない理由

アニメ私塾おすすめ動画まとめ170411再編