先輩の言うこと

先輩に「○○と言われた‼︎」 的な新人の愚痴ですが…
10年以上キャリアがあり、それなりに描ける人は概ね言うことが同じです。
技術の話ならパース圧縮、絵とタイムシートの連動、遠近と絵の密度など… それ以前に電話に出ろとか(笑 ・・・
先輩どうこうより言われてる自分を省みるのが大事。

「先輩」がよほどの人格破綻者じゃない限りどこに行っても言われることは同じです。 
むしろ言われるうちが華でフリーになれば使えるか使えないだけで判断され、何も言ってくれなくなります。

お前なんか辞めちまえ‼︎ 
も甘い気構えでは上手くならない。
上手くならないと食えない。
結果辞めざる終えなくなるわけですから
そう言ってくれるだけ愛情の裏返しですよね。 
好きなことを仕事にすると言えば聞こえは良いですが・・・
向き不向きもハッキリした世界ですから、好きだけでは成立しません。

昔から言うじゃないですか。 
「自分に甘いことだけ言うやつは信用するな」っと。
そいつは自分をどうでもいいと思ってるか利用しようとしてる。 
厳しいこと言うやつを信用しろ的な…

絵柄の表層の変化こそあれ… 
芝居のつけ方、空間の作り方、目線の定め方などいわゆるアニメーションのセオリーは50年前と大差ありません。 
つまり今あなたが教わってることは無論、その先輩も言われてきたこと。 
この技術の螺旋から外れることは出来ません。 
普通に見れるアニメを作るためには。

コメント

このブログの人気の投稿

目の描き方まとめ!!

アニメ私塾おすすめ動画まとめ170411再編

◯絵が上手くならない理由