2016年3月12日土曜日

絵の練習、上達とは試行実験‼︎

絵の練習、上達とは試行実験‼︎ 
・早い、遅い ・格子有無 
・模写=記号、デッサン=リアル 
・見たり、見ないで 
・下書き有無 
・鉛筆の濃さ 
・シャープペン、鉛筆、ボールペン、筆ペン‥‥画材 
・紙の種類 
…など考え付くだけで2の5乗×画材の種類×紙の種類=たくさん描き方がある。

それだけたくさん描き方があるのに「いつもの‥‥」になるのはおかしい‼︎ 
まずは今の必勝法の真逆をやってみては? 
それだけで2パターン。 
次に部分入れ替えで4パターン‥‥といくらでもバリエーションを増やす中でさらに自分に最適なやり方を「探す」感覚が大事。
まさに試行実験‼︎
無限の描き方の中で闇雲に試すのは効率が悪いから。 
上手い人の形はおろか、鉛筆、紙まで真似してみる。 
これも試行実験だから色々な人で試す。 
その間に自分の武器が増える。 
大事なのは常に過渡期な感覚。 
いい意味で常に不安定を目指す。 
出ないと画力は途中で下がる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

【一般ユーザー向けお知らせ】180714

【一般ユーザー向けお知らせ】180714 ◎18年度10月スタート『10歳からのジュニア&超初心者コース』※以下ジュニアコース 塾生募集フォーム(〆切9/2夜10時) https://goo.gl/forms/SbEfJhFEO5xXWqoq2 ◉18年8月アニメ私...