2018年7月1日日曜日

あなたも今日からアニメ作家!!

あなたも今日からアニメ作家!!
毎月1本ショートアニメ作ります宣言!! 
1週目)企画、キャラ、イメージボード 
2週目)絵コンテ、レイアウト 
3週目)原動画 
4週目)撮影仕上げ編集 
15秒程程度のCM。これで年間12本作って見てください。
これが実行できる人は間違いなく独立して食っていけるアニメ作家になれます。


アニメーターアニメを作んないとなるな・・・的なツイートに賛否ありましたがそれはおそらく「テレビ劇場でみるアレ」をアニメ全般だと思っているのではと邪推する。
個人で商業アニメレベルは数秒でも無理。
個人ならではのニッチな使いようと多様性がアニメーションにあっていいはず。


僕は学生時代には少なくともアニメの監督になりたかった。
大学一年ではじめにやったことは実写を撮ること!!
当時、高かったビデオカメラをお年玉貯金全部叩いて買った。
アニメの本質は映像であり、絵が描けない僕が一番アニメに近いものを早く作れるためにはまずは実写とその編集。

大学2年くらいからようやくアニメを作りはじめた時にはすでに下手なりに実写経験があるから絵を映像の素材として捉えて描いていた。
音楽込み、はじめからコンテの線撮状態を作ってから徐々に詰めていく。て・・・メチャクチャ下手ながらも新劇エヴァの庵野さんと全く同じことをはじめからやってました


実際は僕の知り合いの天才アニメーター2名は一切アニメーションの経験もなくプロになり、才能を開花させてます。
しかし彼らは天才ですからね。
今みたいにアプリで簡単にアニメ作れる時代でもなかった。
絵で食える一番わかりやすい仕事がアニメタっていうのも全然ありだけど今時なるならやろうよ!!

とりあえず2枚で動く。
でももっと動いてほしい。
間に2枚、3枚と足していく。
本当にいるみたいに動かしたい!!
となってはじめて1秒につき8枚以上いれてみる。
そう言う原初的な欲求に基づかないでプロになってはじめていきなり「何コマ中何枚」と暗号言われても楽しくないしピンとこないのは当然。

なんか知らんけど3コマ中3枚でシート打っとけと言う人。
それって原画合わせて0.5秒だよ。大丈夫?
新人原画マンあるある。
タイムシート上では広く見えるけどあれ一枚で6秒しかない。
僕はシート苦手な新人さんにシートの横にサムネ描いて見なと推奨した。
どの時にどの絵が来るかわかるから。

アニメーター志望者はアニメを作んないとなるな・・・的なツイートに賛否ありましたがそれはおそらく「テレビ劇場でみるアレ」をアニメ全般だと思っているのではと邪推する。
個人で商業アニメレベルは数秒でも無理。
個人ならではのニッチな使いようと多様性がアニメーションにあっていいはず。

0 件のコメント:

コメントを投稿

プロとして生き残るために

絵を描くにも表現活動するにも「お金」は一定の行動や時間の「自由」を得るために不可欠。 「現場にお金を流してなるものか!!」という強い意志すらアニメ業界はじめ、最近の教師勤務時間のニュースに感じる。 予算どうこうではなく、行動の自由を奪うというところにブラック化の狙いがある。 ...