30分練習法で習慣作り

レイアウト、構図が上手く描けません!!
よく聞く話ですがそういう人は簡単に言ってそういうことに今の段階で興味がないから上手くない。 
なんでも数です。 
上手い人は日頃からありとあらゆる映像の見方が・・・
構図は?カットつなぎは?自分ならどう描く?
など興味の持ち方が違います。

僕も新人動画マンの頃全然線が引けませんでした。 
自主制作時代から線よりも映像の構成やむしろサークル運営など組織論そのものに興味があったからです。
しかし苦手な線も上手くなれば絵の精度が上がり自分の得意分野を強化し始めました。
苦手はただ数をこなしてないだけ。
数をこなせば得意になります。

レイアウト、構図が苦手な人は・・・
 1日30分でも好きな映像のフレーム有り模写をしてみては? 
この練習の良いところは構図そのものに加えて次に何を描こうかという視点で世の中の映像を素材として見始めるようになること。 
実はアニメ私塾の課題も全部そうできてるけどみんなそう見てるかな?

人、椅子、机、部屋、自然、街などが描けない・・・
のは数をこなしてなければ当然なんですよ。 
大事なのは次のステップでそれらの観察眼を強化すること。
 描けない、悔しい、どうなってるのか?
と日頃からよくみる。 
課題は課題、仕事は仕事、絵は絵の人は進歩が弱い。 
現実とのリンクが大事!!

30分練習法のいいところ。 
描き始めたら30分で済むと思いますか? 
つい楽しくて時間の許す限り描いてしまう。 
大事なのは逆に言えばどんなに不調でも絶対に30分描く癖を作る。
 絵の不調は絵で治す。 
自分の絵でもってやる気を奮い立たせます。

日曜日だけで3時間半と1日30分毎日でどっちが上手くなるでしょうか? 
おそらく毎日コース。 
これももうわかりますね。 
すなわち少しでも描けば絵を描く頭、体になっていくから絵を描かない時間の物事の考え方が変わるから。
 絵はそれだけ習慣のものです。 
習慣化しないと上手くなりません。

そういう意味ではプロは嫌でも描かないといけない状況に置かれているので絵を描く習慣はやたらとつきます。

コメント

このブログの人気の投稿

目の描き方まとめ!!

アニメ私塾おすすめ動画まとめ170411再編

◯絵が上手くならない理由